Q024~遺骨は土に還すべきか、還さなくていいのか?


A.どちらかが正しい、はないと思います

昭和30年代、遅くとも昭和40年代初期までは、お墓の建て方が今とは大きく違いました。

人が亡くなると、
遺体は棺桶という入れ物に入れられ、
それを埋める場所にそれがすっぽり入る穴を掘りました。
深さは1.5メートルから2メートルくらいの深さ。
そこに棺桶ごと遺体を納め、その上に土を戻します。
そして、やや盛るように土を戻し、印をその上に置きます。
墓標の場合もありますが、小さな社の様な物の場合もあります。

それが数年過ぎると、棺桶とその中の遺体が次第に土に還り、
ほぼ遺骨を残すのみ、になると、体積が減って、
盛り上げた土がその分窪みます。
すると、俗に「棺が抜ける」と言って、そこにさらに土を戻して
その上に今より小さめのお墓を建てました。

地域によってはそこは印の石を載せておくだけで
お墓自体は別の場所に建てる、場合もありました。
(そういう葬送を両墓制といいます。)

とにかく、遺体を土葬(土に埋める)ことが
公衆衛生上、絶対不可欠だったので、
まず遺体を土の中深く埋める。
それが土に還ってお墓を建てる。
そのうち、遺骨も土に還る。
という流れでした。

なので、土に還る、土に還すということが
非常に重要視されたんだと思います。

しかし、今97%の日本人が火葬される時代です。
火葬して土に還す公衆衛生上の必要性もない。
火葬し、その一部(関西圏は)しか手元に残らない遺骨。
あえて、土葬時代の土に還すことを重視することは
必要かどうか。
喪主の考え方でどちらでもいいのでは、と思います。

補足ですが、焼骨は土の上に置いただけでは、ほとんど土に還りません。
土をその上にかぶせるか、穴を掘ってその中に焼骨を納めて土を戻す、ということをしないと
ほぼ土には還りません。あるいは、土に還るにかなりの時間を要します。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。