兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

石の経年劣化のようす。

    
\ この記事を共有 /
石の経年劣化のようす。

おはようございます。

もう夏の天候だと思っていたら、梅雨明けてなかったんですね。
雨が戻ってきました。
ので、お墓の石を洗っております。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきたです。

かなり年代物の四国、丸亀産の青木石です。

DSC_0189

関西、特に但馬地方では、非常に人気があった瀬戸内産のみかげ石です。
加工がしやすいのと、色目が揃いやすいのが、人気の理由だったわけです。

DSC_0193

昭和37年施工。
54年か55年くらい経過してます。
まだ、一部光沢がわずかに残ってます。

ただ、
ノミ彫刻の文字なので、文字の周囲に彫刻時の衝撃が残り、
輪郭がぼやけつつあります。

DSC_0196

光沢は一部残っています。
ですが、ほぼなくなっている感じ。

DSC_0200

また、一部に表面剥離が出来つつあります。
これが出てくると、石の表面がボロボロになってきます。

 

DSC_0203

この表面剥離が出てくると、みかげ石もそろそろ耐用年数が来た、
という感じですね。

文字がだんだん読みにくくなってくる。
表面が凸凹してくる。
お墓そうじしても、完全に汚れが落ちにくくなる。

などの症状が出てきます。
でも、みかげ石なので、50年以上も持つわけです。
安山岩などなら、もっと早く来ます。

文字が読みにくくなることが、一つの目安かもしれませんね。

 

Copyright©おおきた石材店,2016All Rights Reserved.