Q046~お墓に木を植えてもいい?


基本、やめた方がいいです。

木の種類にもよるんですが、このような状態になったら、
まず、周りの墓地の方に迷惑が掛かります。
落ち葉。
落葉樹ならかなりの量です。
イチョウとかなら、最悪。。。(^_^;)
銀杏が!!

そして、仕方なく伐採、となっても、
そうたやすく切れません。
費用もかなり掛かります。

DSC_0030

しかも巨大な木は倒すとき、お墓を破損したりすることが
よくあるんです。

 

o0800060013060159087

さて、こんなことになったら、どうしますか?
もはやどうしようもないです。
伐採にかなりの費用が掛かります。

木を植えるのは、やめた方がいいですね。

どうしても、という方は
つつじとかサツキなどのあまり大きくなりにくい植物にしましょう。

また、花はどうですか?

という質問もたまに聞きますが、
花ならさほど大きくならないなら、
いいのかもしれません。
でも、やっぱり、
植物は知らない間に大きく育ってしまうもの。
月に一回は必ずお墓参りします、という人なら
いいかもしれませんが、
年に1回か2回くらいの頻度なら、お世話もできませんよね。
そのあたりをよく考えましょう。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。