Q068~お墓以外で遺骨を預かってくれるところを教えて?


一時的な保管なのか、長期的な保管なのかを考えましょう。

一時的なら、寺院でも預かって頂けます。
さらに、ご自宅の仏壇、仏壇がなくても
床の間とか棚の上とかでも、可、です。

長期間、ご自宅で遺骨を保管されている人も
いらっしゃいます。
基本的には可能です。

ただ、注意を一点。
「死亡診断書」
「火葬証明書」は同時に、大事に保管しておいて下さい。
何かあったときの証明書です。

さて、ご自宅ではなく、
お墓がなく、おはかを建てる気もなく、
ご遺骨を永久に預かってくれるところを探している、という方。

納骨堂永代供養墓、その他の供養方法という選択肢があります。

永代供養墓とは、他人と一緒に収蔵される供養墓。
大きめのお墓です。
屋根付きになっていたり、
お墓と同じ形状だったりしますが、
基本お墓だと思っていいですね。

一方、納骨堂とは
建物の中に納めるタイプ。
ロッカーの様な形状のものが多いので、ロッカー型永代供養墓とも呼ばれます。
建物の中にあって一定期間、預かってくれるロッカー、だと思ったらいいのかも。
有期限が多いですね。
最近は非常にハイテクの立体駐車場のようになっているものもあります。

そして、その他の供養方法というのが、多種多様です。
海洋散骨、樹木葬、桜葬、宇宙葬、散骨、最近では
バルーン葬、流れ星葬などというものもあります。

基本的に自然から生まれたものだから、自然に帰るというのが
コンセプトなものが多い気がします。

詳しい説明はまた後日。

詳しく知りたい人はお問合せ

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。