基礎コンクリートの差。

おはようございます。
連日のゲリラ豪雨で、一日延べ3回の着替えを
余儀なくされている、
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきたです。

今日も暑くなりそうですね。。。(^_^;)

DSC_0067

暑くなるのは仕方ないにしても、
ソフト豪雨、ではない、
「ソフト霧雨&気温低下で快適仕事」
としてもらいたいところです。
そんなご都合主義的な天気はないですが。。。(^_^;)

先日、基礎コンクリートを施工したので、
ある程度、強度が出るまで、次の現場のお墓の解体をしております。

DSC_0012

約20年近く前に施工したお墓です。
父が作ったお墓です。
今回建替えするため、お墓撤去させていただいております。

基礎はけっこう厚くコンクリートを施工してありますが、
手練のコンクリートです。
電動の軽量ハンマードリルで簡単にはつれます。

DSC_0025

このように、簡単に。
解体作業としては、有難いのですが、
基礎コンクリートしては、どうなのか?

 

DSC_0026

やはり、こう簡単に解体できてしまう、コンクリートは、あまりしっかりした
基礎コンクリートではない、と思います。

手練だと、大量に練ることができません。
なので、その回ごとに、同じ配合で練ったつもりでも微妙に違います。
また、きっちり計ってないと、なかなか目分量では、むずかしいこともあります。
さらに、完全に攪拌できているかどうかも、問題です。

今、施工している基礎コンクリートは
21か24の強度の生コンを施工しております。
さらに、10ミリの鉄筋を300㍉のピッチで敷設しております。
おそらく、この電動コンクリートハンマーでは、解体はかなり難しいと思います。

お墓の基礎も住宅同様のしっかりとした基礎工事が必要となってきています。

お問い合わせはこちらへ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。