木下家のお墓つくり⑦~文字彫刻は目を酷使します

おはようございます。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

仕事柄、マスクはよく付けるんで、苦手ではないのですが、いつも付けていると、体と一体となってしまい、マスク付けたままご飯を食べようとして、ご飯をマスクに押し付けようとしてしまった大北です。これって人馬一体っていうんですよね。(^O^)(言わねーよ。。。)

IMG_20200330_083506

さて、こんな格好で文字彫刻してます。頭はタオルを巻いて、防塵マスク装着、イアーバフ(騒音対策)、更に手袋もしてますよ。

本来なら防塵メガネもしているんですが、マスクから漏れる息が当たって曇るんですよね。見にくいので、付けたり付けなかったりしてます。
付けた方がいいですよね。

IMG_20200330_090006

こちらはお墓の後ろ側。建立日、建立者を彫ります。私は時間が掛からない部分から彫って行って、一番時間が掛かる前字を最後に彫ります。そういうことが多いかな。

IMG_20200330_091504

表はこんな感じ。ブラストの砂が表面に少しでも当たると光沢がなくなってしまうので、当たっては困る部分は全てマスク(ゴムシートで被うこと)します。

IMG_20200330_091513

今から彫りますよ。気合入れて。。。彫る人にもよりますが、私はこの部分は1日では彫れません。しっかり一日かけてなら彫れるかもしれませんが、「目」が続きません。目の疲れで長時間できないんですよね。防塵メガネ付けても同じです。。。目の消耗が激しいですね。
若い頃はけっこう彫れたんですけどね。。。

IMG_20200405_110627

でもって、体を酷使してやっとこせ、彫れました。お墓に文字を彫刻するって、非常に楽しいですが、非常に体を使って(特に目ね)、しかも根気が必要です。

どうですか?一度、文字彫刻してみませんか?文字彫刻の体験をしてもらうこともしてます。

    「入刻式」してます!!

おおきた石材店で新しくお墓を建てて頂ける方限定で、文字彫刻の最初の「入刻」を体験できます。大切で、しかも高価なお墓。そのお墓を少しでも愛着を持ってもらい、「私もこのお墓を作ったんだ」という思い出を作ってもらいたい、という思いで実施しております。「入刻式」自体は無料で実施しております。
( 注意:工事の完成期日までの期間があまりない場合は「入刻式」自体ができない場合があります。また、完全に自由意志です。やりたくないという方も多くいらっしゃいます)
DSC09456-1

IMG_20140126_100931665
ご興味ある方、詳しくはお問合せ下さい
◇メール問合せはこちら→→→こちら
◇お電話のお問合せはこちら→→→こちら
※ 新型コロナウィルスの影響のある現在、しばらくは「入刻式」の実施を見合わせております。ご了承ください。

で、ゴムシートを剥がすと。。。

IMG_20200406_115756

家紋の部分は白の専用スプレーで色を入れます。黒系あるいは濃い色の石には「白色」、グレー系には「黒色」生きている人の名前(戒名も)には「朱色(赤を代用)」を入れます。

元々、朱色はまだ生きているんだけど、お墓に戒名(生前に頂いた戒名です)を彫刻する場合、その戒名のうち、大事な2文字のみ朱色を入れる、というのが本来だったんだと思います。(おそらく。。。) そのうち、お墓の裏に彫る「建立者」の俗名(生きている間の名前)にも朱色(赤色を代用)を入れるようになり始めました。最初は頑なに「それ違いますよ。」と言っていたんですが、だんだん増えてきて、まあいっか。。。となって、今じゃあほとんど朱色(しつこいようですが赤代用)をいれるようになっております。

 

木下家のお墓つくり⑧~お墓の施工は一番の醍醐味

http://ohkita-sekizai.com/archives/24818

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。