兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

軍人塔(戦没者の方のお墓)からお骨が

  
\ この記事を共有 /
軍人塔(戦没者の方のお墓)からお骨が

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

お墓の引っ越しをしておりますが、
軍人塔(戦没者の方のお墓)があります。

通常、軍人塔からはお骨が出ない場合がほとんどです。
太平洋戦争の場合、海外で戦死された方がほとんどで、
遺骨も帰って来なかった方が多いからです。

もちろん、もう少し古い日清戦争、日露戦争の戦没者の方はほとんど埋葬されているんですが、
その頃の遺骨はほとんど出てこないからです。
(壺に入っている場合は別ですが。)

今回、遺骨はないだろうという想定だったんですが、
埋葬されておりました。
DSC_0006

これが、お墓の中に入っておりました。
最初は副葬品ではないかな、と思っておりましたが、

DSC_0012

(※ 実際の遺骨の写真は自粛させていただきます)

空けて、中を見てみると、
ホント小さなひとかけらのお骨。
おそらく、戦地で火葬されて、その遺骨の一部が
はるばる帰ってきたんでしょうね。

誰が持って帰って来られたんでしょうか?
戦友の方でしょうか?
どういう気持ちでこの故郷へ持って帰って来られたんでしょうか?
お墓を建てられたのは、ご両親でしょうか?
ご両親は、このお骨が帰ってきたとき、どういった気持ちだったんでしょうか?
お墓が完成した時、どういう気持ちだったんでしょうか?

この一かけらのご遺骨でいろいろなことを考えてしまいます。

いろいろな気持ちが詰まったお墓、大事に引越しさせていただきます。

Copyright©おおきた石材店,2022All Rights Reserved.