但馬地方って意外と広いです。

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

私の住む但馬地方(兵庫県北部)は実はけっこう広くて、端から端まで行くと結構な距離あります。
今日はその但馬地方とお隣の丹後と鳥取もついでに通って遠方の現場ばかり回ってきました。

まずは会社から京丹後町のとある村墓地。
昨日、追加彫した戒名碑を設置してきたのですが、時間がなく、墓地内の清掃が出来ず、それをしておいて、文字の確認等も済ませました。
工場から現場まで32キロメートル。約45分を往復。

IMG_20201130_092032

写真でも分かりますが、落ち葉がすごいので、それも清掃させていただきました。

京丹後市はけっこうたくさんの石材店さんがいらっしゃって、それぞれ独特のデザインのお墓を建てられています。
このお墓も地元の石材店さんらしいのですが、この当たりの石材店さんは非常にレベルの高い、精巧なお墓を建てられる石材店もいらっしゃれば、
ちょっとこれどうなのかな、っていうお墓もあります。

地元ではない墓地に行くといろいろ勉強になりますね。

 

その現場が終了した後は、一旦工場に帰って、次の現場。

新温泉町の昨日、済まなかった大きなお墓のお墓そうじ依頼。
工場から44.7キロメートル。片道約48分。

IMG_20201107_143200

全体の清掃は済ませたのですが、玉垣の目地切れがいくつかあって、その目地施工。
雨降りで石がぬれていたので、「目地セメント」でさせて頂きました。

IMG_20201201_123635

それから、水垢の除去。専用洗剤で落とさせていただきました。
完了時点でお昼を経過していたので、普段いかない「鳥取市」方面に昼食へ。

その後、帰ってきて、更に「出石町」方面の現場の下見。
工場から20キロメートル。35分(片道)

IMG_20201201_164041

お墓のリフォームの現場の採寸。
すでに暗くなりつつあって、採寸できるかどうかだったんですが、何とかできました。

途中、けっこうな雨が降っていて、目地セメントが溶けだしてないか、とか
夜になると採寸できるかな、とか、いろいろ心配事がありましたが、全て、運よくクリアできました。
運がいいって、素晴らしい。

全行程、260キロ。移動時間だけで5時間40分。
但馬地方って広いんですよね。それにしても最近遠方の現場が多いな。。。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。