「大島石」健在です

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

 

IMG_20201207_171703

高校時代の同級生、ロミさんがオープンされたシフォンケーキのお店「Rommy」
に行ってきました。
息子の誕生日のケーキ、作ってもらった(^O^)
とっても美味しかったです。

https://www.instagram.com/rommy.0412/?hl=ja

ぜひフォローしてあげてください。
(場所は豊岡市江本。「六方診療所」と「江本バリュー」の間。まだGoogleマップにも載ってないけど。。。)

ところで、私が15年くらい前に建てた「大島石」のお墓。
当時建てられた施主様がお亡くなりになり、法名の追加彫依頼していただきました。

IMG_20201205_101227

見晴らしのいい、気持ちのいい墓地です。
12月とは思えない暖かい日、追加彫させていただきました。

IMG_20201207_144155

そして、納骨口周りの清掃。10年以上昔とは言え、さすが大島石。建墓当時の光沢がそのまま残っていました。ここは海沿いのお墓の石にとっては厳しい環境ですが、見事なまでに光沢がそのまま残っていました。

 

IMG_20201207_151906-2

納骨口をきれいに清掃して、元に戻し。。。

 

IMG_20201207_151909-2

白の色を入れ直して、見事な美しいお墓が蘇りました。

 

大島石、特に当時一番いい色目の大島石を探していただき、使わせてもらったので、ほんとに美しくて、色の濃い大島石が蘇り、当時の感動を思い出しました。

このあたりのお墓は「庵治石」と言って、今や世界一高級になったお墓の石の墓石がそれなりにたくさん建っている地域ですが、この大島石も全く見劣りしない存在感を持っていると思います。 やはりいい石はいつまでたってもいいですね。

 

「大島石、健在でした。」

 

やっぱりお墓建てる時は、国産の銘石で建てたいな、と思っていらっしゃる人、大島石お勧めですよ。中国産の石もいい石がありますが、どうしても中国産というものに信頼がおけないという方も多いのじゃないかと思います。
日本産の石でお墓を建てたい、と思ったとき、私なら「大島石」のいい石をお勧めします。大島石といっても、いろいろ種類があって、どれでもいい石だとは限りません。そこはやはり目利きの石材店に選んでいただくのがベストなんですが、そうなると「お墓つくりの肝は石材店選び」となりますよね。

ぜひ、最高の「大島石」でお墓を建てたいと思われた方、一度ご相談させてください。大島石の目利きには自信があります。私に20分のお時間をください。電話にて大島石の魅力を伝えさせてください。

この電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話 相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談
 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。