巨大なお墓じまい(その1)

巨大な墓じまい

 

おはようございます。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

明日は国公立大学の2次試験。うちの息子も受験しますので、私も運転手として参加。全力を出し切ってほしいです。

ところで、先日、巨大なお墓のお墓じまいさせていただきました。実はこのお墓はうちの建てたお墓ではないのです。もう廃業された他の石材店さんが建てられたお墓です。

IMG_20210205_103034

どれくらい巨大化というと、

IMG_20210205_103041

この戒名碑。私史上最大の戒名碑(見たことのある中で)

IMG_20210205_103115

横幅が1m30㎝。高さが94㎝。厚みが21㎝です。人間の力では到底動かせるものではないですね。

お墓も12号3重台なので、かなりの大きさです。一回り小さなお墓が十分できる大きさなのです。今の主流の大きさのお墓なら十分できます。
この戒名碑など、2組でも十分できます。

でもそういうわけにはいかないのですね。お墓の石は。

分かってはいますが、この大きさのお墓だとついそんなことを考えてしまいます。
他人のお墓の石を作り直したお墓でも構わないという方、いらっしゃいますかね。

そんなことを考えながら、今回は細かく割ってしまい、お墓じまいさせていただきました。

IMG_20210220_113704

戒名碑を残し、あとはおおよそお墓は解体出来ましたが、この戒名碑が問題。

隣のお墓に倒れたら、大変です。慎重に工事を進めます。

IMG_20210222_093012

で、何とかここまで終わって、一日目は終了。
あと少しだと思ったんですが、実はここからが大変なのです。
お墓じまいのご相談も受け付けております。「改葬許可申請」のお手伝いもさせていただいております。ご連絡はメール、LINE、あるいはお電話で。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。