【お墓引っ越し】O家の工事始まる

おはようございます。
お墓の移転。引っ越しの工事が始まります。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

 

IMG_20210617_065421
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

お墓の移転工事を始めます。山際に建っているお墓なんですが、お参りが多少不便ということで、寺院墓地へ引っ越しさせていただくことになりました。

IMG_20210501_103003

豊岡市では標準的なサイズのお墓です。
ただ、戒名碑(副碑)にはかなり多くのご先祖様が彫刻されています。実はこの裏にもかなりの方の戒名が。。。このお墓を引っ越しします。

IMG_20210501_103005

引っ越し先は寺院墓地。かなりコンパクトなお墓となるので、実際に引っ越しできる石はさほど多くはありません。石の引っ越しではなく、お墓の引っ越しとは実際にはそのお墓に埋蔵されている「お骨」を引っ越しすることです。

 

IMG_20210501_102955

丸い灯ろう、後ろのブロック塀、境界の延石、コンクリート通路も取り外して、処分しないといけません。

 

IMG_20210617_122604

お墓の石、墓石は素早く取り外し、回収できましたが、ブロック塀、外柵、コンクリート通路がなかなか手間がかかりそうです。。。

 

IMG_20210618_165009

予想通り、一日では完了できず、2日かかりましが、ほぼすべて撤去完了。

 

IMG_20210618_165012

草が生えてくれば、お墓があった痕跡もほぼ分からなくなります。

さて、今回のお墓の引っ越し工事ですが、一番の難所だと思っていた墓地の撤去と再利用する墓石、使わないお墓の石等の回収が終わりました。一安心。ただ、工事はこれからです。

 
私に20分のお時間をください。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談
 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。