夏のコンクリート工事に大事なこと 「速さ」と「養生」

おはようございます。オリンピックも開幕して、夏も本番が来て、いよいよという感じですね。
石屋さんもこの時期が一番の正念場です。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20210617_065421
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

先日、準備したお墓の場所にコンクリートを施工します。

IMG_20210721_082900

準備万端。カラ練といって、あと少し水を加えれば、という状態で生コンをもらってきて、現場で水を加えて、生コンを作って、施工いたします。
その準備です。テントがあると暑さがずいぶん違います。

 

IMG_20210721_082822

そして、周囲のお墓に生コンが掛からないように、養生します。生コンはけっこうはねて周囲に飛び跳ねますから。

 

IMG_20210721_151444

施工できました。量は0.7㎥です。

強度は24で配合してもらっています。現場で水を加えているので、その通りにはなっていないかもしれないですが。。。
あと、あまりにも暑いので、シートで養生しながら施工したのですが、2回に分けて施工した際、前半と後半の間に微妙に段差ができてしまいました。

あっという間に乾燥してしまい、そのままにしているとひび割れ、施工不良となるので、全面的に大量の水をかけて、その上から。。。

IMG_20210721_150111

ブルーシートで水分が急速に乾燥しないように、養生します。これでとりあえず施工完了です。



雨漏りしないお墓~「信頼棺」®
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「おおきた石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター試験」第1回(2級)試験に合格、その翌年から開催された「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、お墓についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。