兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

石に文字を刻むと「碑」となる

    
\ この記事を共有 /
石に文字を刻むと「碑」となる

普通の河原にある石。
それ自体はただの石です。

それに文字を刻むことによって、
価値が生まれます。

それを「碑」といいます。

何かを記念として留めておきたい。
そう思った昔の人は
石に文字を刻んだらどうだろうか、
と考えたはずです。

石なら長い間、存在し、風化もしない。
そこに文字を刻んだら、
長く記念として残り、
その文字を読めば、この記念の石を
作った人は何を伝えたいのかと
わかるはずです。

そうやって、「碑」がつくられていくうちに、
亡くなった人、
その人を忘れたくない。
いつまでも覚えておきたい。
後世までその偉業を伝えたい。
そう考えた人が
遺体を埋葬したしるしの石に
文字を刻もう。
そうすれば、「碑」となり、
長く忘れす、人々の心に残ってくれるかも
しれない。

そう考えて、石の墓標に文字を
刻んでいったのかもしれません。

ただの石に文字を刻む。
それによって、「碑」となる。

文字を刻む行為が大切な人への想いを
石に託すことになるのではないかと、
そう思います。

Copyright©おおきた石材店,2015All Rights Reserved.