お墓じまい基本のキ⑦~お骨のゆくえ(1)


a0002_009992_m

 

さて、大まかなお墓じまいの説明をしました。
お墓じまい、とひとことで言っても
一番大事なことはお骨です。

で、お墓じまいとは、お骨を今あるお墓から
別の場所に移すこと、と説明しました。

ではそのお骨はどこへ行くんでしょうか?

10年位前までに一番多かったのは
「お骨のお引越し」です。
というより、引越し以外なかったですね。
このお墓が

DSC09805

こうなって

IMG_20140310_153154539

そのお骨は

DSC00570-2

こちらへ引っ越しました。

というのも「お墓の引越し」です。

でも今、一番多いのは
「お墓」→「お墓」の引越しではなく、
「お墓」→「永代供養墓」への引越しです。

東京など関東圏から広がり始めた
「永代供養墓」というお墓の形は
地方都市を経て、
私たちが住む但馬地方にも徐々に広がりつつあります。

こちらは、東京都営霊園の一つ、
「小平霊園」という場所です。

DSC09619

こちらに巨大な永代供養墓が建設され、
都民に一般公募されているということで
研修のため見学に行きました。

DSC09635

大変巨大な、まるで古墳のような永代供養墓なんですが、

DSC09640

献花台が少々お粗末だな、という感想を持ちました。

まあ、それは余談ですが、
東京都がすでにこのような施設を作っています。

ここに納められたお骨。
一定期間、個別のスペースを用意され、その場所に
遺骨を安置されます。

index_ph03

これは別の施設の画像ですが、
このように個別のスペースが与えられ、
お墓参りならぬ、お骨参りができるんです。

でもそれも期限内だけ。
30年、50年、あるいは33回忌、50回忌を過ぎると
通常、そこから出され、
合祀(他のお骨と一緒にされて埋蔵)されます。

永代供養墓と一口に言っても。。。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。