後ろの崖が崩れてきそうなお墓のリフォーム②

 

おはようございます。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー 大北和彦です。

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

お墓の裏の崖が今にも崩れ落ちそうなお墓のリフォーム工事しております。

古いお墓をすべて仮撤去して、更地にしたら、まず外柵石の基礎を作ります。

 

IMG_20210507_085245

掘って、砕石を入れたところ。モグラ?の通り道だったのか? 穴がいくつか空いていて、転圧したらずいぶん沈みました。

IMG_20210507_095044

それで多めに砕石を投入。

IMG_20210507_111006

手前のブロックの擁壁に鉄筋を差し筋して基礎の鉄筋と結束。これで手前の擁壁が倒れる心配がなくなりました。これが倒れると大ごとですからね。。。

後はコンクリートを流し込む。鉄筋は13ミリ筋を使用しております。

 

で、持ち帰ったお墓の石。

IMG_20210508_101854

代々墓の一番下の芝台の石ですが、完全に土の中に埋まっていました。

IMG_20210508_101913

土の中でおそらく30年以上、お墓を支えてきた石です。泥が浸み込んでいます。これをしっかりと洗浄しなくてはなりません。

 

それから、納骨口。

IMG_20210508_103250

これ、納骨口です。小さいです。これでは、4寸の骨壺ですら入りません。この納骨口も大きく加工しないと。。。

 

いろいろと付帯仕事が多いです。

 

 

 



雨漏りしないお墓~「信頼棺」®
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「おおきた石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター試験」第1回(2級)試験に合格、その翌年から開催された「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、お墓についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。