Q010~永代供養墓ってどういうお墓?


最近よく聞く名前のお墓ですね。
簡単に言ってしまえば、
跡継ぎがなくても(継承者がいなくても)入れる新しい形のお墓です。

合祀(他人の遺骨と一緒に納骨して供養する=合葬)タイプ
個別(それぞれの遺骨に納骨スペースが個別に用意されている)タイプとに分類されます。

CIMG1328

こちらは最近よく見かける個別+合祀タイプの屋外型永代供養墓です。

注意すべき点として、

○ 合祀タイプは納骨してしまうと後から取り出す(手元に戻す)
ということが出来ません。ご注意を。
○ 個別タイプも永久にそこに安置、供養できる供養墓はほとんど
ありません。
10年、33年、50年すれば、合祀タイプに移される場合がほとんど
です。
○ また合祀(合葬式)供養はイメージが悪い、と思う人もおられるよう
です。親戚などからそういう声がないか確認をしておきましょう。

これは新しいタイプのお墓です。
自分はこれがいい、と思っても、それを受け入れられるかどうかは
その人次第です。
どうしても新しい形の供養を受け入れがたい、という人も当然います。
家族、親戚等としっかり相談してから、決めましょう。


目次ページに戻る

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。