Q033~関西型の納骨の仕方はどうすればいいですか?


関西と関東では異なります。

関西の方法は、主として、正面の水鉢という石を移動させると
納骨する納骨口が見えます。
そこから納骨するシステムです。

関西型の納骨方法を写真でご説明します。

DSC_0006-301

まず、このように正面に石同士を当ててしまい欠けないように
毛布のようなものを用意します。
タオルでも何でもいいです。

DSC_0006-2-301

青い線で囲んだ部分が水鉢
(この写真は水鉢ではないですが、普通のお墓ならこれが水鉢です)
赤い線で囲んだ両側あるのが花立の石です。

 

DSC_0009-301

まず、両側の花立の石を移動します。
ステンレスの筒を抜いて、このように手前に倒すように
します。
(横の水鉢の石と接触しないよう、注意)

DSC_0010-301

こうして、わずかに離すと、あとは持ち上げるようにして、
持ち上げます。
(決して引きずらないようにご注意ください。
欠ける原因になります。)

DSC_0011-301

これくらい離すともう大丈夫ですね。
もう一つの花立の石もこの要領で移動させましょう。

DSC_0012-2-301

次に水鉢を手前に倒しますが、
赤丸同士を同じくらいの高さになるよう、
何か台の様なものを用意してください。
私は垂木を利用しましたが、木が一番いいですね。
鉄などは避けてください。

DSC_0012-301

このように、水鉢を倒したとき、
ちょうど台に当たるような位置にセットして、

DSC_0015-301

出来たら、ゆっくりと水鉢を手前に倒します。
このとき注意するのは、滑らせないこと。
滑らせると、欠ける原因になりますし、石から滑り落ちてケガをすることもあります。
特に石が濡れているときは危険です。十分注意してください。

 

DSC_0016-301

このように倒せたら、成功です。
この状態で納骨をして下さい。

 

DSC_0018-301

こちらが納骨口です。
出来るだけ奥の方にご遺骨を納めるのが
コツです。
出来たら、逆の手順で元に戻して下さい。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。