Q093~お墓の石、採れるところで値段が違うのは?


採掘した石のうち、使える石の量が違うから。

山から石を採掘したとき、採れた石をすべてお墓の石にできれば
ホントにうれしいんですが、
残念ながら、全部使えません。

まず、ひび割れ、キズなどがあります。
それがあればお墓の石には使えません。
それがある部分は、捨てます!!
せっかく採掘した石を捨てなくてはいけないのです。

さらに、これでお墓の石になりそう、と思ったら、
切ってみたら、黒いほくろの様な黒玉が出てきた。
白玉がでてきた。
これは、実はけっこうあるんです。
切ってみたら。。。!!!
ということが。

採掘して、工場まで持ってきて、
切ってみて、
やっぱり駄目でした(泣)(泣)(泣)(泣)
泣く泣く、やっぱり捨てます!!!!

となるんです。

今までの苦労は!!
今までの時間は!!
今までの費用は!!
今までのすべてを!!!
返して!!!

となるわけです。

おおよその数字ですが、
100山から採掘出来たとして、実際にお墓に使える石は
20とか30とからしいです。
(山によって、採れる時期によっても違います)

それだけ苦労して、
それだけ時間かけて、
作り出した石。

「決してお墓の石を粗末に扱わないでください。
それほどたやすいものではないです。」
「お墓の持ち主であるあなたにとっては大切なものです。
それはわかります。
でも、
作った私たちにとっても、非常に苦労した、大切なものなんです。」

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。