Q261~埋葬、埋蔵、収蔵の違いって?


いずれも法律用語としての使い分けの仕方です。

illust3803

 

お墓の唯一の法律、
「墓地、埋葬等に関する法律」略して「墓埋法」とよく呼びますが、
昭和23年に制定された非常に古い法律です。
なので、今の実情と違うことが常識として基本にあります。

まず、「埋葬」とは
埋葬とは、実は、土葬、つまり亡くなった人を墓地に穴を掘って、
(いわゆる「墓穴を掘る」、というやつですね。。。)
その穴に遺体を埋める行為、を埋葬といいます。

今では、ほとんど行われない行為です。
日本では現在、95%以上の火葬率なので、土葬はごくごく限られた地域で、
極まれに行われている可能性がある、程度の確率です。

どうしてこれほど火葬が増えたか、という理由は、公衆衛生上の理由ですね。
おそらく。
それと墓地、埋葬(蔵?)のコンパクト化も同時に可能なので、後押しした可能性は高いかと。

 

では、「埋蔵」とは?
これは具体的なものは差しません。
何かを土中に埋めておくこと、その状態。
埋蔵金とか埋蔵量とかと使いますよね。
では、火葬した焼骨をお墓に納める場合は??

正式には、「火葬した遺骨の埋蔵」と使います。
「(墳墓への)焼骨の埋蔵」が正しい法律の使い方。
でも実際は、「埋蔵」とは、「焼骨を墳墓(お墓)へ納めること」と
解釈してもいいのではないかと思います。

最後に「収蔵」とは?
これはわかりやすいですね。
納骨堂に遺骨(焼骨)」を安置する行為です。
永代供養墓もこれに含まれる可能性が高いですね。
土中に収蔵ではなく、個別にスペースのあるタイプの永代供養墓なら、
「収蔵」と表現していいのではないかと、思います。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。