Daily Archives: 2018年3月28日

DSC_0051

N家、I家墓地改修工事(その1)

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨年の9月からお待ちいただいていた大型改修工事。
やっと取り掛かることになりました。
遅くなってしまい、申し訳ありません。
2区画隣同士のお墓の改修ですが、通路が非常に狭い。
入り組んだ所にあるので、中まで入りにくい、
などの理由でかなり長期の工事になりそうです。

まずは片側のI家の区画のお墓の全ての石を隣のN家の区画へ移動します。

DSC_0011

この区画ですが、

DSC_0028

このように金具で止めてありますが、鉄製なので、かなり腐食が進んでおります。
コンクリートで固定してあれば、まだましなのですが。

DSC_0051

このように、ボロボロになってしまいます。

当時は鉄製の固定金具が普通でしたからね。
おおきた石材店で施工したお墓でも、このようになっているお墓があるかも
しれません。

現在は全て腐食しにくいステンレス製が基本になっています。

更に、
この写真のアンカーは部品の一部に鉛が使われています。
鉛は非常に柔らかいので、強度的に問題があります。

現に私が施工したこのタイプのアンカーを解体した時は非常に簡単に外れてしまいました。

現在はウェッジ式のアンカーボルトを使用しております。

DSC_0046

ちょっと前にご紹介したものです。
全ての部品がステンレス製です。
しかも、写真で見て頂いて分かるように、非常に分厚い平ワッシャー
(当然ステンレス製)が非常に強力にボルトと金具を固定して、外れません。

最初の仕事がこの錆びた金具の取り外しから始まりました。
頑張ります。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」