Tag Archives: 土葬

IMG_20191210_134632

土葬のお骨は改葬(掘り出し)すべきなのか?

[template id=”24160″]

久々に石の建築工事の補修してきました。
やっぱり「建築工事」は私は苦手、というかあまり気が進まないな。。。
理由は。。。内緒です。

 

さて、こっちは大好きな「お墓工事」です。

「田舎のお墓あるある問題」なんですが、野墓地、つまり山の中とか自然の中に建っているお墓、けっこう多いです。

理由は、いくつかありますが、その一つ。「土葬のなごり」です。

 

003912

 

土葬とは、棺桶にご遺体を納めて、家のお墓の地面を2m前後穴を掘り(墓穴ってやつ)そこに埋めて、上に土を戻して饅頭型に盛り土しておいて、その上に簡易な社とか、木の墓標などを建てておく、という葬法なのですが、これ、全く同じ場所に墓穴を掘るということができません。掘ってみると、あ、おばあちゃんのお骨が出てきた、ってなってしまうので。

そこで、隣の、ある程度離れた場所に穴を掘って、土葬。となるので、田舎の歴史のあるお墓は極めて広いお墓の広さがあります。

一族みんな土葬しなくてはならなかったので、広い墓地が必要だったのです。

 

そういうお墓も時代の流れとともに、「火葬」の時代となり、広い墓地は必要なくなり、管理も大変なので、お墓をコンパクトにしようとなります。そういう場合、「お骨の改葬」ということが必要となります。土中深く埋葬されているご先祖様のご遺骨を掘り出し、場合によっては「火葬」仕直して、もう一度、新しいお墓に埋蔵する、という手続きです。

時として、同じ場所(墓地)に建っていた古いお墓をなくして、新しいお墓を建てるのだから、改葬(ご遺骨の掘り出し)は必要ない、という考え方もあります。

しかし、私はそれは違うと思います。確かに、お墓の場所はほとんど同じです。

でも以前のお墓は「ここに土葬の方が埋蔵されていますよ」という印がお墓だったのです。でも、今はお墓とは「ご遺骨(焼骨)をそのお墓の中に埋蔵される」埋蔵施設、と呼ぶ方が正しいです。墓石の役割が「土葬」の頃と「火葬」の時代では違うということです。

ですので、基本的に「土葬」された遺骨は、火葬時代のお墓を新たに建てる時は、「土葬」のお骨を改葬(掘り出し)して、「火葬」仕直すなりの手続きを経て、お墓の中に埋蔵されるべきだと思います。土葬時代のお墓と同じ場所に火葬のお墓を建てる時は、必ず「改葬」(掘り出し)を行ってから、新しいお墓に納めるのが正しい方法だと考えます。

但し、土に還ってしまってもう遺骨が出てこない場合はこの限りではないと思います。遺骨がどこにあったかを正確に判断できないのでね。

IMG_20191210_134632

先日も改葬のためにお墓に埋まっているであろう土葬のお骨を掘り出しさせていただきました。

山の上のお墓だったので、土葬の掘り出しもなかなか大変でした。

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

DSC_0015

「納骨」≒「土に還す」同じではない?

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

ついに、おおきた石材店の第一号「信頼棺®」施工墓石が決まりそうです。
小さめな洋墓ですが、有難いです。感謝です。
頑張って施工いたします。

ところで、関西では、ご遺骨を「土に還す」とよく言われますが、
これは、土葬の頃は、まさしく土に還っていたわけですが、
今では、土に還る遺骨って実は非常に少ないという話です。

誰かが亡くなると、焼骨にして、お墓に納骨しますよね。
地域によってかなり違いますが、白い塗りの骨壺ごと納骨される遺骨は
永久に土に還りません。
これは、誰でも知っていること。

さて、
じゃあ、土に還るようにと、壺から出して、納骨袋などに移し替えて、
納骨される場合は。。。

こちらも土に還るにはかなりの年月が必要なのです。

基本的に焼骨、焼いた遺骨は土に還りにくいと俗に言われます。
しかも、
納骨袋ごと、お墓の中に置いておくだけですね。

置くだけでは土に還りにくいのです。
というか、
かなりの年月経過しないと土に還りません。

納骨袋としてよく利用されるサラシの生地は

DSC_0002

実は数年で地面に接する部分のみボロボロになってなくなってしまいます。
でも、
お骨は風化しにくいのです。
(色はずいぶんくすんだ色になりますが。。。)
それは、

土の上に置いてあるから。

土葬のように土の中深くに埋葬すると、結構早く風化して
だんだんなくなってくるのですが、
土の上に置いてあるだけなら、実は意外と、なくなりません。

私のお墓(大北家のお墓です)は墓地の真ん中に五輪塔があって、
そこにお骨の半分は合葬(家族内のみですがね)してあるんですが、
(実は今初めて、告白しますが。。。)

残りの半分は戒名が彫刻してあるそれぞれのお墓の下に埋葬しております。

で、
数年前父の遺骨を埋葬するとき、五輪塔の中を開けたんですが、
祖父、祖母、そして、おそらく曾祖母だと思われる遺骨が
しっかりと残っておりました。

(曾祖母は私の生まれる数年前に亡くなったそうなので、もう50年以上になります)

簡単に「土に還す」と言いますが、
それは土葬のお墓のことを言っているのであって、
現在のお墓は、基本、土に還っていません。
ほとんどのお骨が。

その遺骨が土に還る頃は、埋葬した家族(息子、嫁、孫など)も
もうすでに、遺骨になっているということです。
それが現在の焼骨を埋蔵する形式のお墓、です。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

ojisan2_idea

Q326~土葬はまだできるの?

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

ojisan2_idea

土葬、できます。
でも、簡単ではありません。

「墓地埋葬に関する法律」俗に「墓埋法」には土葬は禁止されていません。
なので、法律的には可能です。

ただ、土葬できる場所はかなり限られているようです。
通常の墓地には土葬はできません。
「土葬の禁止」を明示されている墓地もあれば、明示されていない墓地もありますが、
許可はほぼされません。
現代の墓地は公衆衛生上、火葬の焼骨の埋葬、埋蔵のみを想定されている施設だから、です。
仮に許可されても、スペース的に土葬できない墓地が多く、
まだ、広い墓地でも、近隣の墓地使用者からの反対は強いでしょう。

かつて、日本は土葬の国でしたが、
現代は世界でも最も火葬率の高い、「火葬大国」なのです。
現代の日本人には「土葬」というものを受け入れる余地はあまりない気がします。

ただ、今だ土葬が行われている地域はあります。
また、噂には土葬を受け入れている寺院もあるそうです。
関西でも一部地域では行われいているそうです。
ただ、個人的には存じ上げませんので、
問合せされてもお答えできません。

但馬地方では、土葬されている地域は山間部のごく一部だと
思います。
各自治体も斎場を運営されておりますから。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

おぼうさん3

Q242~土葬って出来るの?

法律的には禁止されていません。
が、ほぼできません。

おぼうさん3

まず、霊苑と呼ばれる施設、市営、民営、などを含めて
火葬後の焼骨の収蔵、または埋蔵を前提に作られています。

物理的に土葬できるだけのスペースがありませんし、
土葬自体を禁止している施設が多いと思います。
また、具体的に禁止してなくても、
周囲の墓地使用者から反対されることは間違いないし、
管理者からやめてほしいという要請は必ずあるでしょう。

田舎の墓地、野墓地とかみなし墓地の場合、
可能な場所はあるかもしれません。
しかし、具体的に行う場合、
埋める穴は1.5m以上深い穴が必要で、
その穴掘りに協力していただける人を探すのが困難では?
おそらくですが。

また埋葬自体も行為も一人では不可能で
色々と難しいと思います。

まとめとして、
法的には可能ですが、
物理的には難しいと思います。

ただし、

現在も慣習として、土葬をしている地域があるなら、
全く別です。
そんな地域があるのかどうかも知りませんが。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

DSC_0006

Q238~お墓じまいの費用に影響する4つの事④ご遺骨の回収

「お墓じまい」と言いますが、
本来の意味で言うなら、ご遺骨の引っ越しです。
一番大事なのは、亡くなられた方、ご先祖の唯一残された遺骨が大事なわけで、
お墓はそのご遺骨のための、家、社、守るものです。

なので、お墓じまいには、必ずご遺骨の回収作業、掘り出す仕事をします。
それは地味ですが、一番大事で、一番意味のある仕事であるはずです。

DSC_0006

ですが、そうは言っても
ご遺骨がすんなりと出てくるとは限らないわけです。
2メートル掘っても、出てこないこともあります。
焼骨なら、何十年経過していると、
土に還ってしまっている、ということもあります。
でも、土葬なら、
なかなかそうはなりません。

お墓じまいで一番予想が難しいのが、
ご遺骨の回収作業です。
ほぼ一日を費やしたこともありました。
それでも出てこないこともあります。

その場に施主様がいらっしゃったなら、確認しながら掘れますが、
いらっしゃらなければ、
電話でやり取りしながら、掘削ということもあります。

「この程度掘りました。」
「じゃあもう出てこないかもしれませんね。」
「それくらいでやめてください。」
という写メを送りながらそうなる場合が多いですが、

入れ歯とか、お骨を入れた布、などが
出てきたり、棺桶の一部が出てきたり、
などすると、もう少しもう少しとなることもあります。

掘るにも、手で掘るとなると
その労力も大変なものになります。
重機を使うのは、細かい作業が出来ず、
掘った土を集めて置いた中から
骨が出てきた、なんてこともあります。

とにかく、お骨の回収作業、
出てこない場合の見極め、
そのあたりで費用は大きく変わってきます。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

Q029~お墓の引っ越しの時、お骨は?

当然、お骨も引越しします。

それで、お墓の引っ越し、お墓じまいの時は
骨壺も探し出さないといけません。
以前にも書きましたが、
最近のお墓は、墓石内に壺を安置できるような構造になっていて
骨壺はすぐに取り出せます。
問題は古いお墓。
これも説明しましたが、

(「Q023~遺骨って壺から出した方がいい?」

だいたいお墓の下に土葬として埋まっているんですが、
それを見つけることがなかなか大変なんです。
お墓の引っ越し、お墓じまいの時、これがなかなか難航しやすく、
費用を高くする要因の一つとなります。
なかなか見つからない時は、一日丸々遺骨探し、ということもあります。

そして、運よく土葬の遺骨が発見できたとして、
その遺骨はそのままではお墓に納めることはできません。
骨が巨大すぎる、物々しすぎる、などの理由です。

通常、その遺骨を斎場で焼骨にし直して、
お墓に納める、という流れです。
当然、手続きも必要です。
そのお墓がある役所にご相談ください。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

Q024~遺骨は土に還すべきか、還さなくていいのか?

A.どちらかが正しい、はないと思います

昭和30年代、遅くとも昭和40年代初期までは、お墓の建て方が今とは大きく違いました。

人が亡くなると、
遺体は棺桶という入れ物に入れられ、
それを埋める場所にそれがすっぽり入る穴を掘りました。
深さは1.5メートルから2メートルくらいの深さ。
そこに棺桶ごと遺体を納め、その上に土を戻します。
そして、やや盛るように土を戻し、印をその上に置きます。
墓標の場合もありますが、小さな社の様な物の場合もあります。

それが数年過ぎると、棺桶とその中の遺体が次第に土に還り、
ほぼ遺骨を残すのみ、になると、体積が減って、
盛り上げた土がその分窪みます。
すると、俗に「棺が抜ける」と言って、そこにさらに土を戻して
その上に今より小さめのお墓を建てました。

地域によってはそこは印の石を載せておくだけで
お墓自体は別の場所に建てる、場合もありました。
(そういう葬送を両墓制といいます。)

とにかく、遺体を土葬(土に埋める)ことが
公衆衛生上、絶対不可欠だったので、
まず遺体を土の中深く埋める。
それが土に還ってお墓を建てる。
そのうち、遺骨も土に還る。
という流れでした。

なので、土に還る、土に還すということが
非常に重要視されたんだと思います。

しかし、今97%の日本人が火葬される時代です。
火葬して土に還す公衆衛生上の必要性もない。
火葬し、その一部(関西圏は)しか手元に残らない遺骨。
あえて、土葬時代の土に還すことを重視することは
必要かどうか。
喪主の考え方でどちらでもいいのでは、と思います。

補足ですが、焼骨は土の上に置いただけでは、ほとんど土に還りません。
土をその上にかぶせるか、穴を掘ってその中に焼骨を納めて土を戻す、ということをしないと
ほぼ土には還りません。あるいは、土に還るにかなりの時間を要します。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap