Tag Archives: 外柵

DSC_0002

【豊岡西霊苑にお墓を建てる人】は、知っておいてほしい(続き)

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓のプロ、おおきた石材店、大北和彦です。
いつも読んでいただいて、ありがとうございます。

現在、豊岡西霊苑の記事を集中的に書いております。
この墓地にしばらく通っております。

前の記事、
【豊岡西霊苑にお墓を建てる人】は、知っておいてほしい

の続きです。

この記事の中で、私なりのルールを書きました。


 

私のお墓の一つの指針というか、【理想のお墓】の第一条件は

段差のないお墓

であると思っております。

でも、段差をなくすのは、西霊苑では、なかなか大変なこと。
(東霊苑は基本、駐車場からお墓まで段差のない構造ですよ)

費用も多くかかります。

なので、次善の策として、

階段付きではあっても、

① 階段のそれぞれの段の高さを揃える。
② 段の一段の高さは最大150ミリ。できれば120ミリ以下が理想。
③ 段の踏み代(奥行)は最低270ミリ、できれば300ミリ以上が理想

この三つの基準に則って、設計するようにしています。


 

 

これは、基本的に、市営霊園のような、整備された墓地を想定しておりますが、
それ以外の墓地にも基本的に、目標ではあります。

が、

必ずこの通りに出来るとは限りません。
いろいろな条件が重なり、思い通りに行くとは限りません。
施主様のご都合もあります。

で、

今回は、【市営墓地の基礎工事その2】なのですが、
DSC_0002

このようになりました。

段の高さは何とか揃えました。
が、一段の高さは多少高くなってしまいました。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0011-2

【豊岡西霊苑】でよく見かける不具合

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
最近、豊岡西霊苑、毎日通っております。まだまだ通います。今年の秋は豊岡西霊苑で終始か、というくらい通い続けなくては行けなさそうです。

というわけで、西霊苑で気になること、書きますね。

この構造のお墓が多い、と書きました。昨日、ですね。

DSC_0030

でもって、私が施工したお墓。

DSC_0012

階段は違いますが、基本的な構造は一緒です。

この形、いくつかの石の組み合わせなんですが、一番弱い場所って、分かりますか?

DSC_0011-2

この部分です。(赤枠の部分)

比較的小さな石で出来ていて、しかも、手前は何もない。つまり、手前に押し出されたら、出てしまうのです。こうやって、この部分の石が押し出されて、手前に落ちそうになっているお墓、かなりたくさんあると推定します。西霊苑にですが。。。

ちなみに、内緒ですが、このお墓の隣の隣、2件隣のお墓もすでに押し出されて、「ご自由にお持ち帰りください」状態になっております。。。(誰かに持って帰られる、のではなく、簡単に取り外せる状態にあるということ)

これは、構造上、仕方のないことなのです。特に、以前の固定金具のなかった頃のお墓は、外れないのが奇跡、というくらい外れまくっておりました。

今、外れるのは、施工不良か、手抜きだと言われいても仕方ないですけどね。

ただ、金具を付ければ何でもいい、というのは違います。

昔、私も使っていた鉛の部品が含まれた固定金具は、ダメです。「本体打ち込み式」と呼ばれる形状のやつですね。

IMG_20190204_100039
その一部が鉛で出来ているんですが、簡単に緩みます。どうせ金具を付けるなら、「ウエッジ式」と呼ばれる形状の金属アンカーでないとダメです。しかもオールステンレス製のものを。
鉄製だと腐食膨張して、石を破損する原因になります。ウェッジ式の方が穴が小さくて済むので、空けやすいですし、石にも負担が少なくで済みます。

 

で、おおきた石材店の場合、

DSC_0007

石同士はまず専用接着剤で固定、その上に、ウェッジ式の固定金具で固定。更に、外れやすい前の石の外れ防止のため、基礎のコンクリートと石も同じウェッジ式アンカー金具で固定します。(上の写真)

その上から、コンクリートを施工して、金具ごと埋め込むので、ほぼ外れません。というか、もし、解体依頼が来たとき、大変だろうなってときどきふと思ったりするくらいです。(^_^;)

関東型の外柵ってありますよね。最近、時々見かけるようになりましたが、、、

DSC_0293

これも実は、関東の石屋さんがこの弱点を発見して、構造上、弱点をなくそうとして、今の親柱付の関東型外柵を考え出したのでは。。。と、私は考えております。(違うかな。。。(^_^;)

個人的には、この関東型、あまり好きではないので、めったに、作りません。入り口が狭くなるのでね。間口(入り口)の狭い墓地では、避けた方がいいのでは。(これは違う話なので、また別の機会に。。。)

それでは、今日は、下の息子の最後の中学の体育祭があるので、午前中は応援、午後からこの続きをします。北中体育祭も見納めとなりそうです。

 

 

 

豊岡西霊苑でお墓を建てる時、知っておきたい3つのこと

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0009

広いお墓は大変です。

おはようございます。
昨日は今年一番暑い豊岡市でした。
(体感気温。。。(^_^;)
今日は多少風が強い、但馬、豊岡の天候です。

DSC_0008

暑くなるにつれて、仕事もはかどりにくくなる季節となります。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

ところで、
お墓の基礎工事をしているんですが、
広い墓地ってどうしても、手間と時間がかかります。

昔からの墓地って、土葬をしなくてはならなかったので
どうしても広い墓地が必要でした。
それが、土葬することがなくなり、
火葬、それも一部のお骨のみ収蔵するようになって、
お墓のコンパクト化が著しいです。

それに伴って、広いお墓はどうしても管理も費用もかかります。
それで、お墓を小さく、細かく、なってきております。
こちらのお墓も、広いお墓の一部だけを囲って、お墓にします。

DSC_0004-001

まずブロック塀を後ろに設置。

DSC_0005

その前に石で境界をして、コンクリートの基礎を施工します。

 

DSC_0009

コンクリート自体は来週施工となりましたが、
天候が気になるな。。。(^_^;)

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

石のズレ対策として②

先日、お墓の外周の石(外柵といいます)に4つのアンカーボルトを固定しました。

DSC_0015

これですね。
この石をお墓に設置しました。

DSC_0026

このように、お墓の正しい位置に設置して、
隣の石同士を固定するために(左端と右端)
まず先日の接着剤を充てん。

DSC_0003

これですね。

それから、金具でアンカー同志を固定します。
全てステンレス製なので、錆びにくい。
しかもこの後、すべてがコンクリートの中に埋まってしまうので、
緩む可能性もない。
と、完璧なのです。

 

DSC_0028-001

さらに、下気味に開けたアンカーに金具を装着。
そこにアンカーを打ち込んで、基礎コンクリートとも固定します。
これで、石だけズレる可能性も低くなります。

 

DSC_0033-001

そのための下のアンカーだったのですね。
これをそれぞれ、一番外側の石に空けて、基礎と固定させます。

DSC_0049-001

それそれ、固定して、完成です。

DSC_0061

全部で、このお墓に18組。18×2カ所なので、36本のアンカーが入っています。
アンカー自体と金具は全てステンレス製です。
なので、錆びにくい。

その後、コンクリート施工となります。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q125~それ以外の外柵は?

ほかにもいくつかあります。

玉垣型。

DSC_0145

こんなのですね。
これは一番基本的な形です。
豪華、でもややクラシカルに見えます。

それと意外と知られていないんですが、
四方を壁で仕切ってあり、
なおかつ隅に柱があって、入り組んだ構造なので
「お掃除が大変」なんです。
特に落ち葉が多いお墓は注意。
落ち葉の掃除がけっこう大変です。

DSC_0153

それと、たくさんの石の部材を使って組み合わせて建てるので、
基礎工事がしっかりしてないと、
このように、石と石が分離して、離れてしまうことがあります。

最近のお墓は、お墓本体だけではなく、
外柵もこのようにたくさんの石が使われているので、
ますます基礎工事が大切となってきます。

 

DSC_0109

玉垣型の欠点、掃除のしにくさを補ったのが
この形。
後ろ、左と右は玉垣になってますが、
正面はそれがない。
これで掃除は格段にしやすくなります。

さらにこれの発展形として、
柱をすべてとりはずして、石の塀みたいに
後ろと左右を囲っているお墓もあります。

玉垣以外に最近多いのは、デザイン墓などに多用されている
タイプ。
完全なオリジナルタイプです。

私が施工したお墓をいくつか挙げてみます。

DSC00172

これは先ほどの前後分離タイプの進化版。

豊岡市営霊苑は基本2メートル×3メートルの奥行がある墓地なので、
この前後分離タイプのお墓が一番合います。

車いすでもお線香をお供えできるお墓をイメージしました。
矢や段差が大きいですが、曲面で角を落としてあるので、
押してもらえれば、お参りできます。
奥の墓域をやや高めに設定したので、
(手前を低くしたので、お墓全体の制限高さには引っかからない)
小さめなお墓でも立派に写ります。

DSC00153

こちらは、完全に車いすでお参りできるお墓、というご要望で建墓。
両端がすでにお墓が建っていたので、
通常の前後分離型のお墓はできません。
どうしようか、思案の末、この形に。
その後、この西霊苑にこれに似た形状の墓地が建ち始めています。

 

DSC00316

こちらは、黒系の石を手前に張石にした
豪華な外柵。

DSC003080-2

こちらは片面に座れるスペースを作り、
その手前に小さめの花壇。
花などを植えることができます。

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q124~関西型ってあるの?

あります。

正式にそう呼ぶかどうかはべつとして、
関西に多いのは、
関東型が重層、豪華、に対して、
関西型は簡素、です。

DSC_0390

一般的に、これが基本的な形です。
横、裏はまっすぐな細い石のみ、
正面は、真ん中に入り口を設置しただけ、
という形ですね。

この真ん中の入り口はクリ段と言って
階段の奥が曲面に喰ってあるのでそう呼ぶのかな、と思いますが、
一番簡単な形です。

DSC_0388

お墓が建つと、こんな感じですね。
正面左右の丸灯ろうがかなり重たい感じです。

DSC_0133

この写真の両サイド、右と左はクリ段型。
真ん中は普通の階段のお墓ですね。
クリ段は一段の階段でしか使えないので、
真ん中の階段タイプを利用することが多いですね。

ちなみに、墓相のお墓はクリ段が基本のようです。
それのバリエーションタイプとして、

DSC_0396

入り口が正面前面になっている、
こんな形を「通し段」と呼びます。
階段が端から端まで通っている、から。

入り口が広く使えるので、私はこれは好きですね。
ただ、灯ろうを置いてしまうと、せっかくの通し階段が台無し
なので、灯ろうは置かない、
置いたとしても、できるだけ小さなものを置きます。

DSC_0374

これは、その通し階段の一段のタイプ。
この墓地は駐車場からお墓まで、ほぼ段差無しの
バリアフリー構造なので、
お墓もできるだけ段差のない、お墓参りできるお墓を推奨します。
それができる構造ですね。
その奥のピンクのお墓がまさにその構造です。

ただ、手前のお墓は、入り口の段差が大きいので
このままではバリアフリーとは言えないですね。

DSC_0394

これなんかも完全に墓域と参拝部分を分離した構造です。

関西型と言いながら、そのバリエーションタイプもご紹介しました。
外柵はその形で、お墓のイメージがずいぶん変わってきます。
お墓とあなたのイメージに合った外柵をお勧めします。

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q123~関東型の外柵って?

もっともオーソドックスなのは、こういう形です。

DSC_0406

この正面両端の親柱の上に灯ろうが乗ったりすることが多いですね。
また、この写真は一番シンプルな形ですが、
この柱に装飾が入ったり、
柱の正面に家紋を彫刻したり
苗字を彫刻したり、ということがあります。

DSC_0293

灯ろうが乗るとこんな感じになります。
これは大きすぎますね。
大きすぎて、入り口が狭くなってしまってます。
ただ、こういう入り口の左右に大きい柱状のものがあるのが、
俗に関東型と呼んでいる外柵です。

私は個人手的には好きではないです。
特に、正面の横幅が広いお墓ならいいんですが、
このように正面が狭く、奥行きがあるお墓には不向きだと思います。

お参りするときに邪魔になるし、
圧迫感がありますね。
それと、
お墓は限られたスペースしかない空間なので、
出来るだけ不要なものはなくすべきだと考えます。

広い墓地ならいいんですが。。。

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q122~外柵はどんなものがあるの?

大まかに分けて、
①「関西型」あるいは延石外柵、単に延石などと呼びます。
②「関東型」あるいは親柱型、石柱型などと呼びます。
③「玉垣型」
④「その他」最近のデザイン墓などはかなり凝った外柵もあります。

の4つが主な形状です。
あとはこの4つのバリエーションがいろいろあります。

①の関西型というのは

DSC_0390

こんなのですね。
四角に囲って、正面中央に階段の入り口が付いています。

②の関東型というのは

DSC_0406

このように正面の両端に大きめの柱の様なものがあり、その間を
階段などを挟んである形です。

 

③玉垣タイプというのは、

DSC_0145

このような、関西型の外柵の上に
いくつかの小さな柱を立てて
その間をハゴ板石を設置した
神社の玉垣を模した外柵です。
これもいくつかバリエーションがあります。

そして、
④のその他の外柵ですが、基本的に決まりがないので、
多種多様な形状がありますが、
最近、よく見かけるのが、
座れる場所を設置したタイプ。

DSC_0351

このように、石でローテーブルの様なものを設置して
座れるようになっています。
私も設置したことがありますが、
お墓で座る場所があることは、ご高齢の方には
有難いものです。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q121~外柵ってなに?

お墓の周囲を囲っている石です。

お墓の境界を示してもいる石です。
ただ、境界は石とは限りませんが、
主として、石を外柵と呼びます。
ブロックなどの場合、あまり外柵とは呼びませんね。
ブロック塀などと言いますね。

DSC_0176

これはブロック塀ですね。

また、墓地によって外柵がない墓地もあります。
最近はやりの芝生墓地など、外柵のないものも多いです。
ただ、但馬地域では、外柵のない墓地は
ほぼないと思います。

例外として、豊岡市津居山地区とか竹野地区など狭くて外柵のない墓地もあります。
また、豊岡旧市街地にある寺院墓地は墓地全体でお墓を建てるので
外柵が同時にお墓の石となっている場合は、外柵はないですね。

DSC_0044

こういうお墓です。

それ以外はほぼ、外柵はあると思います。
外柵を設置しない墓地はありますが。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q116~デザイン墓に似合う灯ろう、ない?

あります。

というか、従来の既製の灯ろうでは合わないでしょうね。
灯ろうもオリジナルのデザインで製作すべきでしょう。

ただ、ゼロからオリジナルを作るのは、なかなか費用も掛かるし、
手間暇もかかります。

そこで、一つヒントを。

灯ろうを外柵の一部にする。

これはよくあるパターンではあるんですが、
関東型と言われる外柵があります。

DSC_0406

正面左右は親柱と呼ばれる門柱的なものなのですが、
この上に置き灯ろうなどが置かれるんですが、
そうではなく、灯ろうとセットで親柱をデザインする、
なんていかがでしょう。
(よくあるデザインですが。。。)

ただ、私としては、デザイン墓に灯ろうは必要ないと考えます。
どうしても必要なら、「ロウソク立」で十分ではないかな。

不要なもの(灯ろうは今や、和墓の付属品的な位置にあります)
をできるだけなくす方が費用的には安くなります。

和墓にはまだまだ必要だとは思いますが。。。

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~