約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記②(海上へ。。。)

場所は東京、晴海。
トリトンスクエアという場所の隣の
朝潮小型船乗り場。

 

 

隣には、屋形船とかもあります。
こっちの方が魅力的だな。。。(^_^;)

船に乗り込むと、実際に海洋散骨を行う模擬ツアー形式で
始まりました。

主催者は、神奈川・横須賀の大橋石材店の社長、
大橋理宏さん。
喪主って感じですね。

dsc09896

 

ツアーをガイドいただけるのは、
ブルーオーシャンセレモニー代表
村田ますみさん。

dsc09951

一般社団法人海洋散骨協会の代表理事を務められてます。

「お墓に入りたくない、散骨という選択」という著書も書かれている
海洋散骨のトップランナーでもあります。


http://blueoceanceremony.jp/map/

 

そして、船長のあいさつがありまして、いよいよ出発です。

dsc09888-2

実は、クルーザーに載ること自体初めてで。。。
(当たり前ですが、海弱者なので。。。)

 

じつは、
東京湾に出かけることにちょっとドキドキしておりました。
正直。。。
今なら言えることですが。。。
海、嫌いなのに。。。(^_^;)

 

まあ、屋形舟には、いつでも乗れるけど、
こういうクルーザーはもう二度と乗ることもなかろうと、
なら、今を楽しもう(^O^)
沈んだら、みんな一緒だし。
とか、思い直して、前向きに望むことに。。。
(ポジティブ思考で)

出航~~です。。。

 

セレモニーがはじまります。
船内には、遺影と祭壇

dsc09898-2

(どちら様ですか。。。)

手前がパウダー状になった遺骨です。
紙のような袋に入っておりますが、水に溶ける材質とのこと。

dsc09883

村田さんが丁寧に流れをご説明していただけます。

dsc09884

参列者分に小分けしてあるパウダー状になった遺骨。
散骨場所に到着したら、それぞれ散骨していただきます。
袋は水に溶ける性質のものなので、ご安心ください。

ちなみに、散骨場所はこちらです。
http://blueoceanceremony.jp/map/

よく確認してください。
羽田沖、というやつですね。
(ワクワク。。。(^▽^)/)

 

それでは、参列者を代表して、一言ご挨拶。。。
K・Kさん。

dsc09933
参列者のご焼香的な、お花を手向けます。
岡山からお越しの親戚代表、Fさん。

dsc09942

さて、あとは、
散骨場所へ向かいます。

それにしても、いい天気ですね。
海洋散骨は天候によって、
素晴らしいイベントになったり、
苦難のイベントになったりしそうです。

dsc09906

晴れたら、
こんなに素晴らしい東京湾が体感できますよ。

 

dsc09907

気持ちいいな~~~

 

img_20130223_142224

 

dsc09908

 

さて、そろそろ、場所に到着しそうです。
なんだか、こんな供養もありかもって
思いだしている自分が。。。(^_^;)

(続きます)

 

 

海洋散骨を体験しました

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。