兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

石って、欠けやすいものなのです。

    
\ この記事を共有 /
石って、欠けやすいものなのです。

台風一過、涼しくではなく、
蒸し暑くなり、梅雨明け宣言されました。

但馬、豊岡の暑い暑い、夏が
今日から
始まりました。。。
頑張ってまいりましょう。。。(^_^;)

ところで、石ってとっても硬いですが、
非常に欠けやすいです。
ほんとにたやすく欠損してしまいます。

DSC00064

このお墓、一部欠けております。
一番欠けやすい場所なので、
ひと目で、分かってしまいます。

DSC00063-2

ここです。
ここがお墓の石で一番欠けやすい場所なんです。
だから、
ここが欠けたお墓は非常に良く見ます。
実は、うちのお墓も内緒ですが、
少し欠けています。(^_^;)

どうして欠けるかというと
花立ては掃除をするとき、
移動させてします。

穴の中が簡単には掃除できないからです。
手前に移動させて、
水を掛けて、
汚れを取って、
きれいになって、

さあ、戻そうと
元の位置に戻そうと押し込むと、

あっちゃー!!

やっちゃった!!

となるのです。

DSC00039-2

例えば、これなんか正しくそうです。
ずるって滑って石同士が当たってしまうんです。

水を使って掃除した場合、
かなりの確率でこうなります。

DSC00040-2

滑らせて、こうなってしまうんです。

石を滑らせると、私達プロでさえも、
こうなってしまう可能性があります。

花立の石の掃除をするとき、
石を移動させる時、元の位置に戻す時、
滑らせるのではなく、持ち上げて、定位置に置く、
感覚で移動させましょう。

でも、残念ながら、もう欠けてしまった!!
と言う場合、
もう元に戻せません。
欠けた破片を持ってきて、
「くっ付けて!!」
と言われる場合もあるんですが、
やめたほうがいいです。

仮に接着することは出来ますが、
短い期間で容易にはがれてしまいます。

ある程度、年月が経過したお墓なら、
仕方ないか、と諦めることもできるんでしょうが、

建てたばかりのお墓の場合、
「せっかく新しいお墓なのに、
これじゃあ、我慢できない」
となりますよね。

どうしても我慢できないと仰る方、

「磨き直し」で直る場合もあります。

磨き直しとは石の光沢を出す工程で
石を多少、削ることが必要です。
その削る工程をある程度しっかりすれば、
わずかな”欠け”はなくすことが出来るのです。

 

ただし、比較的小さな場合。
大きな欠けはこれでは直らない場合もあります。
自分で判断できない場合、
「写真」等で判断できる場合もあります。
お問合せ下さい。

 

 

Copyright©おおきた石材店,2015All Rights Reserved.