「五瓜(ごか)に唐花」と「織田瓜」は同じか違うのか?

こんにちは。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

 

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

いろいろな「お墓に関する情報」をお伝えしております。今回は家紋。で、すごく似ている家紋を見つけたんですが、そのことに関することです。「織田信長」という日本史のスーパーヒーローの家紋ですが、織田信長はたくさんの家紋を使っていましたがその中の一つ。

「五瓜(ごか)に唐花(からはな)」という家紋。
五つの瓜紋に真ん中が「唐花(からはな)」という家紋です。

丸に五瓜に唐花

写真は「丸に五瓜に唐花」という家紋ですが、この一番外枠の
丸の部分を除いた、「五瓜に唐花」という家紋。
珍しい家紋です。
めったに見ないですが、あることはある家紋です。

一方、「織田瓜(うり)」という家紋はこちら。

織田瓜

微妙に違いますね。
こちらは、「織田信長」の「織田家」の家紋で、
「織田瓜(うり)」と呼びます。

大きく違うわけではなく、基本は一緒。
敢えて言うなら、
「五瓜に唐花」は上の写真のように「丸に」が付くことがあるようですが、
「織田瓜」には「丸」は付かないようです。
更に、
「織田瓜」の方が、唐花が小さく(微妙に。。。(^_^;))
回りの瓜もすき間が大きいようです。
(これは微妙で、どうとも言いにくいですね。)

まあ、とにかく、ほとんど一緒と言っていいようです。
敢えて言えば、

「五瓜に唐花」は一般名詞、「織田瓜」は織田家固有の家紋なので、固有名詞

といった、ニュアンス、かな。。。(^_^;)
ちなみに似た家紋で、

大村瓜

「大村瓜」という家紋があります。
「五瓜に剣唐花」という図案です。

剣が付きます。

秋田書店刊の「家紋大図鑑」によりますと、
この「瓜」紋と「木瓜(もっこう)」の家紋は別物とのこと。
「木瓜紋」は実は但馬地方に縁が深い、非常に興味深いことが
この本に書かれておりました。
そのことをご紹介します。

続きはこちら。。。

「木瓜(もっこう)」その完成された美の極致 http://ohkita-sekizai.com/?p=20317

このように、家紋って微妙で同じようで同じでない家紋が沢山あります。
しかもとても多くの種類があって、見たことない家紋もありますよね。

「梅鉢」ではない梅の家紋って知ってましたか?  http://ohkita-sekizai.com/?p=20572

 

家紋のことはもちろんですが、「お墓」に関しては、日本人が何百年と大事にしてきたものなので、奥が深く、様々な種類があります。お墓を建てる時って、ほんとにいろいろな決まり、風習、地域の習わし、仏事の決まりを知っておかないと、あとで困ることが出てきます。そういった深い知識を持った「お墓ディレクター1級」の石材店にご依頼することをお勧めします。

おおきた石材店ではそういったお墓に関する、知らないこと、わからないことをしっかりとした知識を踏まえたお墓つくりをご提案しております。お墓を建てる時、疑問をもったり、不安に思うことがあれば、30分だけお時間ください。無料相談にてお応えいたします。

この電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。まだわからない、納得できないことがもし仮にあるなら、私に直接、お電話ください。どんなことでもお応えいたします。でも、ご心配なく。電話番号が分かったから、後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの、私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話 相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。