国産の銘石「青木石」を特別価格で建てます【限定1基、先着順】

おはようございます。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
但馬地方は急に朝晩が寒くなってきて、冬が近づいている気がします。

 

DSC_0168

庭のドウタンツツジも色づき始めてきました。

 

2日前に投稿した予告記事「国産墓石を限定価格で販売します」の販売ページをつくりました。

 

「国産墓石青木石を1基のみの限定販売します」

https://bokatu.net/kokusann-meiseki-campaign/

 

先日、岡山の孔雀株式会社の展示会にお邪魔した時、見つけたこのお墓。

122625127_2703977539817126_4236659015810317882_n

青木石と言って、香川県の瀬戸内海で産出する石なのですが、私の父、そして私と長く使い続けた石だという事。

カタチが愛着のある「神戸型」ということ。

サイズが今一番よく使う9号3重台ということ。

そして、何より私がお世話になった北木の伝説の職人、米田龍治さんの残された作品だということ。

その私の担当が米田さんの息子、米田勇樹くんだということ。

 

そういったことが重なって、これは私が建てないといけないお墓だなと思って、孔雀の藤原さんにお願いして実現した企画です。

もしご興味ある方がいらっしゃったら、お問合せお願いします。

 

「国産墓石青木石を1基のみの限定販売します」

https://bokatu.net/kokusann-meiseki-campaign/

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。