Q006~伝統的なお墓の形、個人墓と夫婦墓とは?


さて、お墓の分類に入っていきます。
この分類方法、いろいろあります。
私たちお墓のプロの分け方で行きますと、
代々墓、納骨堂、永代供養墓、その他の供養墓などと
分けたりしますが、

このブログは
お墓のことをあまり知らない。
でも、お墓を建てないといけない。
でも、どんなお墓を建てればいいか分からない。
私に一番いいお墓の形を教えて!!

という方に向けて書いておりますので、
もっとわかり易い分類方法で行きましょう。

そのお墓に誰が入っていますか?(入りますか?)

という問いに対する答えで分けたいと思います。

○ 身内の人(あるいは一人)だけのお墓

と、

○ 他人と一緒に入るお墓

という方法で分けましょう。

まず、

身内の人(あるいは一人)だけのお墓、です。

当然、
①代々墓、家墓
というものもこの中に含まれます。

さらに、その中には、江戸時代に良くあった

②個人墓
③夫婦のお墓(夫婦墓~めおとはか)

があります。

IMG_20141115_091233

これが夫婦墓です。
向かって右にご主人。
左に奥さんという風に法名が刻んでありますね。
ご夫婦だけのお墓です。

DSC_0038

ここに古いお墓いくつか建っていますが、
全て個人か夫婦墓ですね。

DSC_0038

これは個人のお墓。

このように江戸時代以前は
基本個人か夫婦墓だけでした。

それが明治以降、
お墓を建てることが大変、
墓地が狭くなってきた、
などの理由で
「家墓」あるいは
「総墓」「代々墓」というものが作られ出したんです。

その伝統的な個人墓、夫婦墓が
最近になってちょっとずつ復活し出しています。


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。