Q023~遺骨って壺から出した方がいい?


墓地管理者の考えを聞いてください

壺から出して、納骨袋に入れ直して納骨する場合と、壺のまま納骨する場合があります。
関西は土に還す、ということをよく言われますが、
実際は、壺ごと納骨もかなりあります。
宗旨宗派だけではなく、お寺、または墓地管理者の考え次第ということが多いです。

確かに土に還したいと思って、壺から出して納骨したいと思っても
ご住職が壺ごと,とおっしゃったら壺ごと納骨となります。
どうして、お寺によって考え方が違うのかというと、

「お墓じまい」が増えていることと関係しているのかもしれません。

一度お墓を建てて、納骨したら、以前ならそれこそ、永代そこにお墓が建っている、
というのが当たり前でした。
しかし、最近はそれが当たり前ではなくなりました。
お墓じまい、お墓の引っ越しが頻繁に行われる今、
そのお墓がなくなり、その区画に新しいお墓を別の人が建てるとなったとき、
以前のお墓の土が残っていたのではあまりいい気分ではない、
というのも納得できます。
そレを防ぐためには、土壌の入れ替えということをする必要があります。
これにはかなり費用が掛かってきます。

そのことだけではない、とは思いますが、
壺から出して、土に還す、という納骨の仕方を避けたいという
心理が作用しているのかな、とも感じます。

とにかく、壺から出すか、出さないかは
墓地管理者に一度問い合わせた方がいいかもしれません。

次の記事も参考に。→→「Q024~遺骨は土に還すべきか、還さなくていいのか?」

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。