Q036~副碑に彫る順番は?


亡くなられた順番に彫る方法と、ご夫婦の並びで彫る方法があります。

多いのは、ご夫婦で彫っていく方法。
関係が誰でもすぐわかります。
何代か昔の場合、誰と誰が夫婦で、誰は誰の子供なのか、
という関係がわからなくなります。
自分があったことある世代ならわかりますが、
それより前はね。

なので、ご夫婦、つまりご主人で、奥さんで、
その子供で、その奥さんで、という順番ならある程度、
関係がわかるんです。
ただ、この方法だとどちらが先に亡くなるかわからないので、
何行かを空けて彫る、ということが良く起こります。

お父さんとお母さんとご主人の3人分を開けて
そのあとに奥さんの戒名を彫る、ということもありました。
その方の彫刻する場所がある程度、決まっているんですね。

逆に、亡くなった方から順番に彫っていく方法は
どんどん、順番に亡くなった方から彫っていくので
彫刻はいいんですが、何代か後、
関係が分からなくなります。
最初に書いた通り。
なので、通常、名前、亡くなった日、亡くなった年齢(数え年齢)を
彫刻するんですが、それ以外に
〇〇の妻、とか
〇〇の長男とか、次男とか
そういう家族内の関係性を一緒に彫刻しないと
この人は誰?となってしまいます。

戒名碑に彫刻する内容も十分考えて彫りましょう。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。