Q037~戒名を彫刻するのはいつがいいの?


普通は「四十九日法要(満中陰)」までが多いですね。

満中陰の法要の時、納骨される場合が多いです。
その際、お骨がお墓に入ったので、
戒名も彫刻、という流れが多いし、ご住職もそう言われる方が多いですね。

ただ、ご遺骨がお墓に収まったというのは
そこに住み始めた、ということですね。
その後、家の表札に名前が入るのが普通だと思うんです。

なので、
「納骨後に、彫刻してください。
それでいいですよ。」
とおっしゃるご住職もいらっしゃいます。

私もそれでもいいのでは、と思いますが、
満中陰の法要の時、親戚などたくさんの方が
お墓にお参りに来られます。
その際、お墓の戒名がまだ彫られていない、
という場合、
「え、まだなの?」
となりやすいですね。
なので、遺族側としては
「満中陰の法要までに彫刻も済ませてほしい」という
要望になるわけです。

新しいお墓の建墓にしても、
戒名の追加彫刻にしても、
お墓の改修工事にしても、
基本的には、
「仏教的理由による制限」は基本的にないわけです。
納骨もいつまでにしなくてはいけないと
決まっているわけではないんです。
一周忌、三回忌まで手元に、お寺に遺骨を安置している人は
多いです。

逆に、施主様、ご遺族側の気持ち。
「すべて完成してすっきりした状態でみんなにお披露目したい」
という気持ちが時間的制限に作用している気がします。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。