Q072~両家墓で気を付けること②


まず両家墓をするために絶対やらなくてはならない必要条件

これがクリア出来たら、次は、両家墓を建て方の検討です。

① どこに建てるか?

ふたつ、あるいはそれ以上のお墓を現在、お持ちだと思います。
そのいずれかに両家墓を建てるのか、
あるいはそのいずれかではなく、全く新しい墓地にお墓を建てるのか、
をよく検討し、決めましょう。
お墓の場所を検討するとき、大事なのは、
〇・・・すぐにお参りできるか(家から近いかどうか)
〇・・・交通の便がいいか、悪いか(交通機関を利用していけるか、車でないといけないのか)
が、まず大事。
それから、
〇・・・管理が行き届いているかどうか
〇・・・永代使用料、管理料が高いか、安いか(割高か、妥当な値段か)
〇・・・管理者が市町村なのか、寺院なのか、民間なのか(破産、倒産などで墓地がなくなる可能性は?)

などを考慮して、決めましょう。

② どうやって建てるか?

どちらかにすでにお墓があるという場合ですが、
そのお墓を利用して(お墓の引っ越し)お墓を作るのか?
全く新しいお墓を建てるのか?

ここでも問題になるのが費用の問題。
費用はさほど問題にならない、という方は別ですが、
通常掛かる費用は気になるもの。

今ある石を利用して、両家墓を作ればいいんじゃないの?
という声が聞こえてきそうですが、
そうすると石代は確かにいらないので、安くなりそうですが、
実は逆に高くなることもあるんです。

石は中国産、加工は中国加工というオール中国製のお墓。
文字彫刻と施工(建てる工程)のみ、施工店(日本の工場)でやった場合と

今あるお墓を壊さないように仮に撤去し、持って帰って
新しい墓地に合うサイズに作り直し、
新しい墓地に持って行って建てる場合。

新しい中国製のお墓を建てた方が安い費用でできる、
という場合もけっこうあるんです。

その点は施工してくださる石材店さんと相談しましょう。
「父が作った思い出のお墓なんです」、という場合、
少々高価でも使いたいという理由にもなるでしょうしね。

実際、今建っているお墓の大きさ、
新しいお墓の広さ、
今建っているお墓のデザインなど総合的に検討してみないと
分からない場合もあります。
その点も石材店さんと良くご相談することをお勧めします。

それが決まったら、もうひと頑張りしないといけないことが。。。
それがこちら。

 

両家墓で気を付けること
両家墓で気を付けること①
両家墓できをつけること②(←この記事です)
両家墓で気をつけること③
 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。