Daily Archives: 2017年9月9日

DSC_0011-2

【豊岡西霊苑】でよく見かける不具合

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓のプロ、おおきた石材店です。
最近、豊岡西霊苑、毎日通っております。
まだまだ通います。
今年の秋は豊岡西霊苑で終始か、というくらい通い続けなくては行けなさそうです。

というわけで、西霊苑で気になること、書きますね。

この構造のお墓が多い、と書きました。
昨日、ですね。

DSC_0030

でもって、私が施工したお墓。

DSC_0012

階段は違いますが、基本的な構造は一緒です。

この形、いくつかの石の組み合わせなんですが、
一番弱い場所って、分かりますか?

DSC_0011-2

この部分です。(赤枠の部分)

比較的小さな石で出来ていて、しかも、手前は何もない。
つまり、手前に押し出されたら、出てしまうのです。
こうやって、この部分の石が押し出されて、手前に落ちそうになっているお墓、
かなりたくさんあると推定します。西霊苑にですが。。。

ちなみに、内緒ですが、このお墓の隣の隣、2件隣のお墓もすでに押し出されて、
「ご自由にお持ち帰りください」状態になっております。。。
(誰かに持って帰られる、のではなく、簡単に取り外せる状態にあるということ)

これは、構造上、仕方のないことなのです。
特に、以前の固定金具のなかった頃のお墓は、外れないのが奇跡、というくらい
外れまくっておりました。

今、外れるのは、施工不良か、手抜きだと言われいても仕方ないですけどね。

ただ、金具を付ければ何でもいい、というのは違います。

昔、私も使っていた鉛の部品が含まれた固定金具は、ダメです。
「本体打ち込み式」と呼ばれる形状のやつですね。
その一部が鉛で出来ているんですが、簡単に緩みます。
どうせ金具を付けるなら、
「ウエッジ式」と呼ばれる形状の金属アンカーでないとダメです。
しかもオールステンレス製のものを。
鉄製だと腐食膨張して、石を破損する原因になります。

ウェッジ式の方が穴が小さくて済むので、空けやすいですよ。

 

で、おおきた石材店の場合、

DSC_0007

石同士はまず専用接着剤で固定、
その上に、ウェッジ式の固定金具で固定。
更に、外れやすい前の石の外れ防止のため、
基礎のコンクリートと石も同じウェッジ式アンカー金具で固定します。
(上の写真)

その上から、コンクリートを施工して、金具ごと埋め込むので、
ほぼ外れません。
というか、もし、解体依頼が来たとき、大変だろうなって
ときどきふと思ったりするくらいです。(^_^;)

 

関東型の外柵ってありますよね。
最近、時々見かけるようになりましたが、、、

これも実は、関東の石屋さんがこの弱点を発見して、
構造上、弱点をなくそうとして、今の親柱付の関東型外柵を考え出したのでは。。。
と、私は考えております。(違うかな。。。(^_^;)

 

DSC_0293

個人的には、この関東型、あまり好きではないので、
めったに、作りません。
入り口が狭くなるのでね。
間口(入り口)の狭い墓地では、避けた方がいいのでは。

(これは違う話なので、また別の機会に。。。)

 

 

それでは、今日は、下の息子の最後の中学の体育祭があるので、
午前中は応援、午後からこの続きをします。
北中体育祭も見納めとなりそうです。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」