Q041~副碑に戒名が一杯になったら?

ズバリ、裏に彫りましょう。

副碑に戒名が一杯になることって
普通は考えにくいんですが、
田舎ではけっこうあります。
長い歴史、お墓を守っていた一家の歴史ですから。

表が一杯になったら、
正面を裏にして、裏面を正面にして、
また初めから彫っていきます。

裏面になったお墓の副碑、結構あります。
では、裏面もいっぱいになったら。。。

あるんです。
私の経験では唯一ではありますが、
あります。
その時はこうなりました。

o0800060011787020714

はい、二枚目です。
広い墓地なら、こうやって
二枚目の副碑を作ることもできます。

ですが、普通
二枚目に行く前に、
50年とか100年以上昔のご先祖様は
省略させていただく、ということもします。
あまりいいことじゃないですけどね。

さらに、その古いご先祖様は
戒名のみ、上下二段に彫る、
ということもしますね。
そういうことをすることで、
一枚の副碑で、2枚分の戒名を
彫刻できます。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。