N家、I家お墓改修工事(その3)外柵石の取り外し

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

お墓の石を移動した後、お墓の区画内の玉石や、土を持ち帰り、
お墓の外柵石の中が見える状態までしました。

DSC_0006

鉄の金具の後がくっきりと見えておりますね。

その後、この外柵石も持って帰ります。

DSC_0017

その下の石垣石(間地石といいます)が残っている状態までになりました。
さて、この状態で今週は終了。

続きは来週となります。

ちなみにこの石垣の石の高さを見てみました。

DSC_0017-2

と、想定内というか、想定外というか、4センチ近くも違うことが判明。
入り口付近と写真奥と左隅がずいぶん低くなっております。

ということで、
来週はこの石垣石を取り外して、その下の基礎工事をします。
思ったより高さの差が大きかったので、全面やり直しをします。

元々畑に使う柔らかい土なので、沈んでしまったようですね。(^_^;)

今日は別のお墓の移転の準備をします。
こちらも想定外。。。(^_^;)
あす、移転作業します。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。