建てて3年でリフォームって。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

新しいお墓工事のご依頼ですが、
すでに建っているお墓。
でも。。。

dsc_0009

豪快に開いてますね。
石のすき間...(^_^;)

建墓後、3年です。
このお墓は、おそらく他県の石材店の施工です。
地元の石屋さんではないですね。
この文字彫刻の底の浅さ、
天理教の信者さんなのに、京都型のお墓、
おそらく文字は活字ですが、普通のフォントをそのまま原稿にしたような
感じの文字。。。
どこかで見おぼえあるな。。。

とにかく、このお墓の応急処置をします。

dsc_0013

灯ろうもこのように左右でズレております。
傾きが。。。(^_^;)
基本、どちらも後ろに傾いているんですけどね。。。

dsc_0043

灯ろうをちょっと押してみました。
予想通り、パサをひいて、その上に載せてあるだけでした。

パサとは?

モルタルとは基本、セメント、砂、水を規定量混ぜて、練ったもの。
ペースト状になるまで練ることで、固まった後、しっかり固定でき、強度も出るが、
施工はやや熟練がいる。
そのモルタルの水の量を少なめに練ることで、パサパサのモルタルができる。
これを「パサ」と俗に言います。
施工が簡単になりますが、硬化後の強度が不足となりやすい。

 

ただ乗っているだけで、固定してありません。
パサは色々な場面で使うんですが、固定できないので、
この場合基本、普通のモルタルで施工すべきですね。
しかも、このような重心の高いものは、
モルタル専用の接着剤を併用すべきだと思います。

なのでこの灯ろう、ちょっと触っただけで動くし、倒れる可能性も高いですね。

しっかりした改修が必要です。
お墓本体は、今回は動かさない予定ですが、
傾いている気がするな。。。(^_^;)

 

こういう施工不良のお墓を建てないためにも
お墓の最低限の知識は身につけておいた方がいいかもしれませんね。

主に法的な部分のお墓のルールをご説明します。
まちゼミ第2弾~

「こんなお墓じまいはダメだ」

dsc_0010

11月12日(土曜日)と11月13日(日曜日)

のそれぞれ午前の10時から11時30分くらいまで、
「お墓じまい」の間違えやすい事例、注意することなど。

日 時 : 11月12日(土)、13日(日)
それぞれ午前10時~11時30分まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : なし
持ち物 : なし

 

会場へのアクセスはこちら。

 

お墓じまいを考えている人に
注意すべき点、間違えやすい点をお教えします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。
(電話は、携帯に転送されますので、電話に出られない時間もあります。
その場合、時間をおいて、もう一度お電話いただけるよう、よろしくお願いします。)

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。