Q031~お墓にお勧めの石は?①(アーバングレー)


いろいろありますね。

その中で、今一番お勧めの石をピックアップします。
まず、外国の石では、やはり何度も言いますが、
インドの石「アーバングレー」という石でしょう。

DSC_0002

和型、洋型、デザイン墓、どれでも使えます。
価格もさほど高価ではなく、
吸水率も低く、強度も高く、極めて良質の石材です。
今、私は必ずこの石を見積の中に含めています。

注意が必要なのは、このアーバングレーの中で
やや色が赤い石があります。
やや品質が劣るといわれています。

文字彫刻も硬質のため、時間がかかります。
また、やや目が粗めのため、
文字の輪郭がぼやけたり、シャープな輪郭が出にくいため、
文字彫刻には注意が必要です。

「シルバーグレー」とか「銀灰石」と呼ばれる石は
このアーバングレーと同じ山から取れると聞いております。
つまり同じ性質なので、かなり良質の石ですが、
見た目は全く違うので、この石もねらい目ですね。
DSC_0023

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。