「お墓のみとり®」が経済誌に取り上げられました

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

当店でも加盟しています「お墓のみとり®」加盟店も増えてきております。
全国で約60社が加盟されております。

「お墓のみとり®」とは、本来、
お墓じまいされる方と契約し、その方の死後、その方の遺骨を納骨し、
13か月から73か月(7回忌に相当)の間、お墓を管理して、その後、そこに納骨されているお骨を
永代供養墓等に改葬、散骨などを代行するサービスです。
お寺さんにとっては、無縁墓の心配がなくなるというメリットがありますし、
ご本人にとっても、自分もご先祖様と一緒のお墓に短期間ではありますが、入ることができますし、
その後も、安心してお墓とお骨の行方を託せる、というメリットがあります。

そして、それだけではなく、
ご夫婦だけで子供や後継ぎがいない方は、お墓を建てることが難しい場合があるのですが、
「お墓のみとり」を利用すれば、後のことを全く心配せずにお墓を作ってそこに入ることもできるのです。

20525848_1433549726726485_3360135300592561482_n

詳しくはこちらへ。「お墓のみとり®」ホームページ

 

「週刊エコノミスト」という経済誌にも記事が取り上げられました。
2017年10月3日号 「特集:伸びる終活ビジネス」という記事です。

 

お墓じまいという行為は、自分が入るべきお墓をなくする行為なので、
実はあなたにとってはあまりいいことではないはずです。
特にお墓、ご先祖、家族を大事だと思っている方にとっては、お墓じまいは本来はしたくない行為だと思います。
でも、
自分が亡くなった後、無縁墓になってしまったら、ご先祖様に申し訳ない、
両親に合わす顔がないという、他に方法がないので、しかたない行いの場合がほとんどだと思います。

それから、
多くの墓地の場合、後継者がいなくなったら、出て行かなくてはならない場合があります。
後継者のいないお墓は、できるだけ早くお墓じまいしてほしいというご要望を出される管理者もいらっしゃると聞きます。

そう言った将来への心配、不安を取り除くサービスでもあります。
ぜひ一度ご検討ください。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。