こんなことってありませんか??

今日は夕方更新の但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

さて、お盆は過ぎて、間もなくお彼岸ですが、
あなたのお墓、こんなことにはなってませんか?

DSC_0060.jpg

もう枯れてしまってますが、
お花。
直接、お墓のお花を供える花立の石に入ってませんか?

これがどうしてダメかというと、
石に穴が開けてあって、
それにお花をお供えするんですが、
その穴に水が当然、入っております。

雨が降っても、その穴にたまりますね。

そして、
その穴の水、腐ってくるんです。
そのまま放置すると、
水が!!

何しろ、その穴に溜まったままなので、
お供えしたお花も当然、古くなって腐ってくるので、
どちらとも腐ってきて、
あまりいい香りとは言えない匂いが漂ってくるわけです。

それだけは、頻繁にお墓詣りすればいいんですが、
石ごと、そうじしなくてはいけないので、
重いし、
ひっくり返さないときれいになりません。

なので、
最近は、この穴にステンレスの筒を入れて
その中に水を溜めるというのが普通になってきています。

DSC_0002

水は当然腐るのは仕方ないのですが、
お掃除がステンレスの筒のみ掃除すればいいので、
簡単に掃除できるんです。

でも、もうすでに建ててあるお墓、
古いものはまだこのようにステンレスの筒を
入れれるようになっていません。

穴が小さかったり、
穴が浅かったり、

それで、

「お墓のお花の

臭いの

何とかして!!」

なるわけです。

リフォームできますよ。
いくつか方法があります。

そのうち、一番よくあるのが、

「穴のあけ直し+ステンレスの筒」
の方法。

DSC_0001

ちょっと、上の方、欠けておりますが、
リフォーム中のお墓の花立の石。

DSC_0004

これが普通サイズの花立の筒ですが、
入りません。。。(涙)

穴は直径4センチ強くらい。
筒は5.8センチです。

当然入りませんよね。

そこで、
花立の筒の石、左右2個、
持って帰って、加工しなおします。
(比較的軽いし、固定してない場合が多いので、
持って帰って加工できます。)

DSC_0008

このように、穴をあける機械で、
穴の大きさを大きく、深く開けなおします。

DSC_0011

はい、
水をかけながら、開けております。
基本、石の加工は水をかけながらの
加工となります。
加熱しないようにね。

DSC_0014

はい、開きました。

DSC_0016

このように、すっぽりと穴に入ります。

DSC_0018

深さも完璧ですね。

DSC_0022

中から出てきた石。

DSC_0024

このように、筒状に石が!!
正確に開いていたことがわかります。

DSC_0028

これを左右両方に開ければ、完成!!

だと思うのが、素人ですよ。。。(^▽^;)

まだあります。

これだと、穴に水や雨水が溜まっても
抜けませんね。
中に水が溜まって、ステンレスの筒を外に押し出したり、
中の水が腐ったりしてしまいます。

そこで、水抜きの穴を開けます。

DSC_0029

このように、細い穴あけで、横穴をあけて、
水が抜けるようにします。

DSC_0034

これで大丈夫。
この穴を両方開けて、

DSC_0037

これで完成です。
立派な花立にリフォーム出来ました。

 

「うちのお墓もステンレス、入ってないのよ!!
何とかしてよ~~」という方、

私が何とかしますよ。(^▽^)/

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。