Tag Archives: ブラストシート

DSC_0005

ブラストシート体験レポート⑫~最終回です。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

長々と、続けてまいりました。
「ブラストシート体験レポート」もついに最終回。
興味ない人、お墓の情報を得たいが為にここにいらした人、
大変ご迷惑をおかけいたしました。
ここに、改めて、お詫び申し上げます。
ごめんなさいね。。。(^_^;)

なにしろ、好きなもので。。。

DSC_0002

彫ってみました。
「空」の方は6キロ圧。
「碧」の方が5キロ圧。

DSC_0015

空。問題ないように見えますが、
一部、輪郭が崩れそうになっている部分がありますね。

DSC_0024

でも、相対的には、クリアできている??
感じです。

では、5キロ圧で彫った「碧」の方。

DSC_0017

パッと見、大丈夫そうに見えますが、
「空」よりもやられている感、あります。

DSC_0005

至る所、輪郭が崩れそうになっております。

 

DSC_0007

こちらも、一部、溶けそうになっている部分が。。。

でも、これは、当初、お伝えしたように、

「細字用」シートで「正面の尺角用前字」を彫る

というやや無謀なテストでした。

それを踏まえて、確認しておきます。

まず、
6キロ圧の「空」よりも、
5キロ圧の「碧」の方が、傷みが激しそうに見える。

この点ですが

6キロの方が、圧力が強い分、早く彫れていると思います。
つまり、
ブラストにさらされている時間が長いので、傷みが激しそうに見える
ということではないか?

「碧」の方が画数が多いので、必然的にブラスト時間が長いので、
という部分でも言えるのかな?と思います。

気になった点。

① 粘着力が高い

某有名メーカー製のゴム製シートは
一度剥がれると、粘着力が極端に下がる、傾向があります。

私は、ゴム切りで、ツイ剥がれてしまった「シマ」をくっ付ける場合、
接着剤を塗って貼り合わせていました。

が、

このピコム製のブラストシートは一度誤って剥がしてしまっても、
意外としっかりとくっ付いている、気がします。
これは意外でした。
ただこれは、粘着剤の材質の問題だと思うので、一概には言えませんが、
今回、あえてやってみたんですが、私が普段使っている(1.5ミリゴムシート)
シートとは全然違うな、と思いました。

② カットする刃が滑る

逆に欠点と言えるのが、刃が滑ること。
意外とよく滑ります。
なので、慣れるまでは、両手でカットすることをお勧めします。
もちろん、
カッティングプロッタを利用されている方は、関係ないと思いますが。

あと、刃の切れ味が落ちれば、
出来るだけ早く交換すること。
まだ切れると思ってケチっていたら、
どんどん滑りやすくなりますね。

最後に確認しておきたいこと。

今回のシートは
0.5ミリという非常に薄いウレタン製のシートです。
これは本来、「細字用」もしくは「7,8寸角前字」用
比較的文字の大きさが小さくて、短時間に一文字が彫れる彫刻用の
マスクシートです。
本来なら、このテストのように大きな文字は彫ることはできません。
それをテスト用に彫刻してみました。

このシートで彫刻するのは、おおきた石材店では
戒名の文字、
竿石の裏書き、
戒名(副碑)の題文字(枠付きの浮き出し)
位を想定していますので、
そのレベルなら、このシートで十分使えますね。

今後、9寸以上の前字用の厚めのブラストシートが手に入ったら、
「ブラストシートサンプルテスト」番外編として、
レポートしたいと思います。

また、

6月10日、11日の高松「サンメッセ香川」で開催される
「庵治ストーンフェア」のピコムさんのブースでは
今回使用した透明のブラストシートのサンプルを配布されるとのことです。
是非ご自分で使われてみて、使用感を体感してみてください。

DSC_0005

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

DSC_0012

ブラストシート体験レポート⑪~新バージョンが!

こんばんわ。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

DSC_0036

田んぼに水が入り、
鏡面仕上げになりつつある兵庫県豊岡市です。

ゴールデンウィークの宿題、新しいブラストシートの体験レポート。
その続きです。

白色のブラストシートで彫刻してみます。

 

〇 0.5ミリ白色ブラストシート
〇 細字用
〇 6キロ圧のブラストにて彫刻

 

細字用のブラストシートなので、
この太さのの文字は少々無理があるのですが、
テストなので、彫ってみます。

DSC_0001

彫刻してみました。

大体深さは1杯くらいです。

1杯とは?
文字の一画の太さ(文字幅)と同じくらいの深さで
文字を彫刻すること。
文字彫刻の深さの基準と言われる。
ちなみに、但馬地方では「一杯半」(いっぱいはん)が
上等だと言われている。
つまり、文字幅の1.5倍の深さで彫刻するのが腕のある
職人だと、されている。(私も父から聞きました)
ですが、深く彫れば彫る程、文字底が見にくくなり、
仕上げが雑になります。
ので私は「1杯」を目安に彫刻するように心がけております。

 

無理を承知の彫刻でしたが、
意外と彫刻できました。
ただ時間の都合上、仕上げ彫はしておりません。

仕上げ彫は圧力をずっと落として彫刻するので、
ブラストシートに負荷は掛かりません。
なので、ここまでで止めておきます。

 

DSC_0003

かなり、輪郭で溶けている部分があります。

DSC_0004-2

赤枠の部分は輪郭が溶けだしている部分です。
やはり長時間1点に宛てていると、輪郭がぼやけて
溶けてくるようです。

さて、もう一文字の方も。。。

DSC_0009

碧いという文字ですが、こちらはやや浅い彫です。

DSC_0024-2

大体の感じですが、0.7~0.8杯の深さです。
底の「底サライ」の練習用に浅めに彫りました。
底も平らに彫ってあります。

こちらは、ブラスト圧が直接当たる時間が短い関係で、
輪郭が完全に溶けている部分はほとんどありませんでした。
やや、溶け始めているかな、という程度。

青い枠の線の中が多少、溶け始めているのかな、という程度でした。
また、5キロ以下の圧力なら全く問題なく、彫刻できました。

まとめとして

≪白色ウレタンブラストシートテスト彫刻の結果≫

(0.5ミリ 白色ブラストシート)細字用

① マジック、ボールペンの書き込みはできます。

② 住友3M製のスプレーのりなら
コピー用紙の貼り付けも問題なくできます。

③ 養生テープもしっかりと接着できています。
(剥がれることはほとんどない)

④ コピー用紙の上からのカット(手切り)に関しては
ゴムシートよりも多少滑りやすい。が、対策すれば問題ない。

⑤ 6キロのブラスト圧では長時間1点に宛てると溶ける可能性は高い。
(短時間での照射なら、問題ない)

⑥ 5キロ以下のブラスト圧なら、問題ない。

 

という感じですかね。
今回のテストはやや普段ではありえない6キロの圧力。
私は普段は細字なら5キロまでで彫刻しますので、
6キロでこの程度耐久性があるなら、全く使用に問題ないと
個人的には思いました。

ところが、突然電話が鳴って、

湯口さん1
📞 大北さん、新しいサンプル送るんで、彫刻してもらえませんか?

と連絡が。。。

DSC09427-2
📞 え、新しいシートですか?もう試して、レポート書いてる途中ですが。。。

 

湯口さん1
📞 いや、半透明の新しいブラストシートなんです。

 

DSC09427-2
📞 え、またですか。。。(^_^;)
どんだけ作るんですか??

 

湯口さん1
📞 以前、透明なシートを試してもらったじゃないですか?
どうやら透明なシートの方が耐久性も耐熱性も高いようなんです。
なので、以前の真っ透明は貼ってあるのかどうかが判別できないレベルの
透明だったじゃないですか?
ではなく、やや透明なシートを作ったんです。
よろしくレポートお願いしますね。。

 

DSC09427-2
📞 
やや透明って、どんだけ透明なんですか。。。

 

湯口さん1
📞 。。。。。。。(切れてるし!!)

 

(どんだけせっかちなんですか!!)

その直後、佐川急便のお姉さんが持ってきてくれた荷物には。。。

 

DSC_0040

これが、やや透明なシートか。。。
(確かに微妙に透明です。。。(^_^;)

DSC_0047

それと、いつもの墓文字も入っておりました。
さて、やってみますか?

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

DSC_0024

ブラストシート体験レポート⑩~新シートでの彫刻つづき

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

さて、以前試用レポートしたピコムさんの新しいブラストシート。

(前回はこちら。。。

今回、もう一度使ってみます。

DSC_0021

今回は、大きめの文字を彫ってみようと思います。

白色のピコム製のウレタンブラストシートです。
厚みは0.5ミリ。
薄いです。

石は、大島石の特級相当の石です。
以前、青山さんの大島石を加工した時に出た端材を
磨いたもの。

文字は、今年の春、建てたお墓の文字のうち、
採用されなかった書体の文字です。
せっかくなので、彫らせてもらいます。

DSC_0024

ブラストシートを貼って、
文字の位置を確認。
私は、3M製のスプレーのりでコピー用紙を張り付けて、
それをカットする方法でカットします。

DSC_0026

これですね。

DSC_0029

手でカットします。
ウレタンシートは、やや硬く、滑りやすいので、
ゴムシートよりカットに気を使いますが、
この白いシートは、以前の青いシートよりカットが幾分
切りやすい気がします。
ただ滑りやすい(この表現は実際カットした人でないとわからないかも。。。)
のは、同様のようです。

対処方法として、
〇 切れ味が落ちるとマメに刃を変える。
〇 一気に切らずに、できるだけ慎重に切る
  (一気に切るとズレ、切りすぎが起きやすい)
〇 切りにくい部分は左手を添えてカットする。

などを心がけております。

 

DSC_0031

カットできました。
この0.5ミリのシートで
前字(大きめの文字)を彫ってみます。
さて、彫れるのでしょうか?

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

DSC_0020

ブラストシート体験レポート⑧~新シートの文字抜き

雨が降って、現場作業が出来なかったので、
ピコムさんの新しいブラストシートの
体験レポートの続きをしました。

DSC_0001

前回、「墓」という文字を彫刻した天山石で新しいブラストシートを張ってみます。
下に前回彫刻した「墓」の文字。

その上のすき間に彫刻してみます。

DSC_0008

こちら、やや半透明のシートは前回、最後に使ったシートです。
厚みは0.65ミリ。
養生テープが付きにくかったバージョンの改良版。
ある程度、養生テープでも張り付きます。

DSC_0010

文字を剥がしていきます。
プロッタでカットしたマスキングシートはやっぱり剥がしやすいですね。

 

 

DSC_0012

剥がせました。

次は新型のマスキングシート。
透明な予定が、白色が乗りすぎて、真っ白になってしまった模様。
厚みは、0.5ミリ。

DSC_0015

剥がしていきます。
感触が右のシートとは、微妙に違いますね。
でも、こちらも剥がしやすいです。

DSC_0018

さて、二つの「墓」の文字。
養生テープを貼って、
彫刻します。

DSC_0020

養生テープ貼り終わりました。
しっかりと貼って、その上からゴムハンマーで
しっかりと叩きました。

今回、テストなので、極端な状況で彫ってみます。

特に、左の新しいシート。
シートと養生テープの重なった部分が極わずかにしてあります。
まあ、わざとですが。。。(^_^;)
少しの養生テープの剥がれでも、下地の石が見えて、
その石の表面を傷めてしまします。

さて、剥がれずに彫れるかどうか??

DSC_0023

では、やってみましょう。
今回は圧力6キロで彫ってみます。
これも、私は普段、正面の大きな文字の荒彫りのみ
6キロを使っていて、それ以外はもっと圧力を低くして彫っていますが、
今回はあえて、圧力6キロで彫ってみます。
プラストシートの耐久性も同時に確認してみたいと思います。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

dsc_0034

ブラストシートのサンプルが届きました。

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
ぼちぼちお正月ムードを払しょくして、お仕事頑張らねば。。。と思っていますが、
組合の新年会と出初式が終わらないと、なかなか、本気モードにならない。。。
良くない傾向ですね。

ところで、
以前、ストーンアシストというイベントで紹介した
これ。

dsc_0034

ピコムというメーカーの新製品。

お墓の文字彫刻に使う、マスクシート。文字彫りシートとも言いますが、
そのサンプル版が出来たそうです。

「ちょっと使ってみて、感想をブログで書いて(^O^)」

と、湯口さん(写真の派手なスマートウォッチを付けてる人)から電話があり、
早速到着しました。

dsc_0073

宅急便。
開けてみると、

dsc_0075

マスキングシート。
一見普通のシートのように見えますが、

dsc_0077

ブルーではない、です。
透明です。

以前の記事でも書いたんですが、透明なので、
下地が見えて、文字の微調整ができる優れものです。

dsc_0080

墓っていう文字が、プロッタでカットされているんですが、
良く見えませんね。

今回は試作品で、0.7ミリの厚みです。
プロッタでカットはされて、行けそうなんですが、
手切りも感想が聞きたいようで、私にお鉢が回ってきたようです。

また、今使っているブルーのシートは0.65ミリなので
この0.7ミリが細文字の彫刻に使えるのかどうか?
太文字では無理か、使えるのか、そのあたりをレポートしてほしい(んだろうな。おそらく。。。)

まあ、とにかく、使ってみます。
体験レポート、初体験かも。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap