Q229~自分の宗派が分からない時。お墓を見たら。。。①浄土真宗など


お墓を見てある程度分かりますよ。(伝統仏教のみ)

まず
① お墓正面に彫ってある文字を見ましょう。

カトウボリ2

とか、

DSC_0044-2

とか彫ってあるのは、ほぼ「浄土真宗」あるいは「真宗」
西本願寺あるいは東本願寺派。あるいはそれ以外の真宗。
まれに「浄土宗」
まれにその他。

ただ、普通に「〇〇家之墓」と彫刻してある場合もままあります。

 

浄土真宗は戒名(正式には法名)が特徴があります。

DSC_0003

この写真のように、「釋」あるいは「釈」という文字が必ずはいります。
女性の方は「尼」という文字が入ることもあります。

それから、

② お墓にあるものを見てみましょう。

お地蔵さま五輪塔、が基本的にありません。
灯ろうもない場合があります。
「吉日」「霊」「供養」といった言葉が刻まないのが普通です。

それが、浄土真宗のお墓の特徴です。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。