お墓の防草化、完成。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

草が生えて大変なので、草の生えないようにしてください、とのご要望。

DSC_0005-2

確かに草が繁っております。
この手前のお墓とその隣のお墓の二基のお墓。

DSC_0006

道路との境界の部分も草がすごいです。
このお墓は私が父と施工したお墓ですが、もう10年以上
ここに建っております。
その隣は父が建てた墓で、すでに20年以上になります。

全ての化粧砂利、採石、等を回収し、
草押さえにコンクリートを施工し、
その上に新たに化粧砂利を撒くという工事です。

DSC_0020

これで、草もしばらくは生えてこないと思います。

DSC_0006

永久に生えてこないというわけではないです。
経年とともに、
どこからか生えてきます。
しかも、この墓地は、一番大敵な
「スギナ」が大量に生えるので、
非常に厄介ですが、
それもずいぶん少なくなると思います。

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。