兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

假屋崎省吾さんのインタビュー

  
no image
\ この記事を共有 /
假屋崎省吾さんのインタビュー

DSC_0015

おはようございます。
今日も晴天の兵庫県豊岡市です。
晴天が続くんですが、
こういう時期に限って、現場に出られず。。。
まあ、できることをできるだけやっていきます。

ところで、墓相について取り上げる機会があるんですが、

いつも楽しみにしている「月刊石材」のブッチモのブログ
池渕石材工業㈱の専務取締役、池渕良博さんの連載
「読めば納得!役に立つ 現場石材店のホンネ」
で、有難い話が満載でした。
(私にとってですが。。。(^_^;)

DSC_0002

詳しくは記事を読んでいただきたいのですが、
墓相のお墓を軽く触れてあるんですが、私の言っていることに
大きな間違いがなかった。。。\(^▽^)/
池渕さん、ありがとうございました。

いや、感謝です。

墓相のお墓、特に「久保田式墓相」と呼ばれるのは非常に考えられた、
お墓の一つの完成形です。
そのあたりを一人でも多くの人に分かって頂きたいなと、思います。

もう一つ、気になる記事がありました。
華道家・假屋崎省吾さんの特別インタビュー、
「お墓を作るなら、それは美しいものがいい。」
なかなか、内容が興味深い話でした。

お父さんが亡くなられたとき、お墓を作られたんですが、
そのお墓が遠いので、新しいお墓を探すくだりがあるんですが、
その間、いろいろあって、墓石業界に不信感を抱かれているんですね。
その流れはすごくありそうな話です。

しっかりした専門家がいれば、経験しなかったであろう
ことがいくつかあって、
でも、
専門家のアドバイスがなければ思い通りにならない業界って
健全とは到底、言えないですよね。

そういうことを感じたいい記事でした。
月刊石材4月号の記事からです。
ご興味ある方はこちらから購入できます。

そして、もう一つの業界紙、「日本石材工業新聞」
何といっても、これ。
「インド石材事情」インドに詳しい三人の方のインタビュー記事。
三和研磨工業㈱の竹ノ内社長のインタビューもさすがに
違う視点でインドという国をよくご存じの方、と思わせる話でした。

DSC_0003
が、
何といっても、インドといえば、「南印度洋行」
その前野敏夫会長の話は、さすがに業界一インドの石材事情に精通されている
方だなと、思わせるいい内容でした。
インドの石ってそんなに昔から使ってたんだ。。。
1995年当時、アーバングレーを使ってたなんて
知らなかった。。。

感謝。

DSC_0004

最後に、最初に気づかなかったけど、
田中さんじゃあないですか。。。
気づかなかった。。。

DSC_0001

メガネ、してない方がいいですよ。。。(^_^;)
(余計なお世話だ。。。)
田中生万石材店は豊田市の石材店さんです。

「日本石材工業新聞」は日本一歴史のある石材業界紙です。
ご購読はこちらからどうぞ。

 

Copyright©おおきた石材店,2016All Rights Reserved.