Tag Archives: 青木石

122538693_693252101321978_2590314970932513708_n

国産の銘石「青木石」を特別価格で建てます【限定1基、先着順】

おはようございます。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
但馬地方は急に朝晩が寒くなってきて、冬が近づいている気がします。

 

DSC_0168

庭のドウタンツツジも色づき始めてきました。

 

2日前に投稿した予告記事「国産墓石を限定価格で販売します」の販売ページをつくりました。

 

「国産墓石青木石を1基のみの限定販売します」

https://bokatu.net/kokusann-meiseki-campaign/

 

先日、岡山の孔雀株式会社の展示会にお邪魔した時、見つけたこのお墓。

122625127_2703977539817126_4236659015810317882_n

青木石と言って、香川県の瀬戸内海で産出する石なのですが、私の父、そして私と長く使い続けた石だという事。

カタチが愛着のある「神戸型」ということ。

サイズが今一番よく使う9号3重台ということ。

そして、何より私がお世話になった北木の伝説の職人、米田龍治さんの残された作品だということ。

その私の担当が米田さんの息子、米田勇樹くんだということ。

 

そういったことが重なって、これは私が建てないといけないお墓だなと思って、孔雀の藤原さんにお願いして実現した企画です。

もしご興味ある方がいらっしゃったら、お問合せお願いします。

 

「国産墓石青木石を1基のみの限定販売します」

https://bokatu.net/kokusann-meiseki-campaign/

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

青木石の9号3重台神戸型特別キャンペーンお問合せ先

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)
  

お墓の場所をお知らせください

メッセージ本文

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

IMG_20200727_103722

みかげ石は磨き直すと新品に近くなるので、リフォーム時にはぜひおすすめします

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と石材のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

梅雨明けが近づいているようです。今年は梅雨明けせずに秋に突入かと、心配しましたが、大丈夫そうです。
しかし今朝は大雨。。。(^_^;)

 

ところで、みかげ石と呼ばれる花崗岩はお墓によく使われる石なんですが、
この石、経年すると光沢が落ちて、ぼんやりとした艶になってきます。
(20年、30年という単位ですよ。。。)
ですが、「磨き直し」という事をすると、当初の美しい光沢が戻ってきます。
お墓をリフォームする際には、一度検討されることをお勧めします。

 

目次

  1. お墓の石の磨き直し
  2. 彫刻はチッパー仕上げ
  3. まとめ

お墓の石の磨き直し

今回のお墓リフォームに加えて磨き直しもさせて頂きます。

今回のリフォームは竿石(「〇〇家之墓 」と彫刻されている石ですね)を新しいものに交換。
一番下の芝台という石を信頼棺という雨漏りしないお墓構造に変更するので、そちらも交換。
残りの中台、芝台、花立石、水鉢石という部分を元々の石をそのまま使う、という予定です。

こちらが上台の石。正面には、「蓮華」の彫刻ですが。。。

IMG_20200724_114904

ずいぶん光沢が落ちていて、全体的に汚れてしまった、という雰囲気。

 

IMG_20200724_114909

上の面、先ほどの竿石がのっかる部分はかなり汚れて、黒くなっています。

一番上と一番下が新しい石で、真ん中の石が30年前の汚れた石だとすると、なんだか手抜きみたいな仕上がりになってしまいます。
なので、この中台、上台という石も磨き直すことにしました。

 

IMG_20200724_135701

磨いて、光沢が戻ってきました。ただ、右側の黄色く変色した部分は元には戻りません。中まで色が変わっているから。

 

IMG_20200724_135701-2

この部分です(赤線で囲った部分。黄色く変色しております)
内部まで変色してしまっているので、これは仕方ないですね。。。

 

彫刻部分はチッパー加工

表面を磨いたらやっぱり美しくなります。そうなると気になるのが、ここ。

IMG_20200724_142338

この蓮華彫刻した部分。他の部分が光沢が出ているので、どうしてもこの彫刻の部分が気になります。この汚れと、仕上げの悪さ、何とかならんかな。。。ということで。。。

 

IMG_20200727_095642

この蓮華彫刻もチッパー仕上げにし直しました。

ちょっと汚い画像ですが。。。(^_^;)

IMG_20200727_095642-2

赤線で囲った部分は、チッパー仕上げにし直した部分。黒線で囲った部分はまだ何もせず30年前のブラスト加工のままの蓮華台の彫刻。

 

 

IMG_20200727_103722

で、全てをチッパー加工にし直しました。仕上がりはまだまだですが、思ったよりきれいに出来上がりました。

中台、花立の石、水鉢も最低限の磨き直しします。

 

まとめ

どうですか?
この画像では分かりづらいですが、ずいぶん美しい光沢が戻ってきました。
みかげ石って素晴らしいですね。磨き直せば、30年前の状態に近くなれる、ということ。
もちろん先ほど挙げた、黄色くなる部分はこれでは元に戻りませんが、それを差し引いても、ほんとに見違えるほど美しくなりました。

石によって、光沢が戻りやすい石と磨き直してもあまり効果がない石がありますので、そのあたりは石屋さんと相談された方がいいかもしれませんが、リフォームの際、一度検討してもいいかもしれません。特に今回の場合、一部の石を新しい石を利用してリフォームという場合、新しくてピカピカの石と古くて光沢が落ちた石が混在すると、見た目があまり良くありません。ぜひとも検討の余地があると思います。

また、外国の石の場合、今現在、採石(石を掘り出す、切り出す)を停止している場合もありますよね。外国の石の場合、30年前だと、もうお墓の石は採石してないってことも多いんです。もちろん、日本の石も同様ですが、日本の石の場合、全国を探せば、あ、残ってたという事もあります。お墓を建てる時にどういう石を使うかの選択基準に「日本の石でメジャーな石」というものを選ぶ基準にもなりますね。

お墓に関する疑問質問、お受けしております。LINE公式、メール、電話にて。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

IMG_20190921_170710

【青木石】の磨き直し3~見えないけど、大切な部分

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北石材店、大北和彦です。

 

昨日は、城崎温泉のお墓リフォームの続きを行こうと思ったんですが。。。雨です。
途中で引き返してきました。。。うちのあたりは曇りだったんですが。。。

雨には勝てません。

IMG_20190924_152136

なので、青木石の加工の続きをします。

表面と裏面が磨けたので、それ以外を磨いていきます。と、ここで、これ見てくれますか?

 

 
IMG_20190921_155839

こっちの面です。

IMG_20190921_155839

この赤枠の面、下の面ですが、よく見ると、筋がはいってますね。

 

 

IMG_20190921_155833-2

別の角度からの写真です。このお墓の戒名碑を加工した人は、見えないだろうと思って、下の面をカットしただけで済ませてありました。

 

でも、この微妙な段差で、碑自体が不安定になって、カタカタと微妙に動いたりするんです。以前紹介したあの細い足なら、なおさら、です。

 

IMG_20190921_170710

しっかりと、足があった部分、跡が残ってますね。

IMG_20190921_173453

これをきれいに磨きで取りました。段差もなくなって、安定感も増します。

 

見えない部分ですが、こういうところもしっかりと加工すれば、よりよい、より安定感の増す、いいお墓になります。

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

IMG_20190921_104951

【青木石】の磨き直し2~青木石独自の性質

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

とある場所でたまたま見かけた石のある風景。
IMG_20190922_113418

ビルの壁面を石の割り肌でつくってあります。

IMG_20190922_113419

なかなか素晴らしいですね。
日本は木の文化なので、こういう石の壁って見慣れないですが、
それだけに魅力的に見えます。

IMG_20190922_113603

特にこの当たり、すごく面白いし、興味深いです。
ただ、全て(?)の石が「外国産の石」なのがすごく残念ですが。。。

 

さて、青木石の加工をしております。
一面だけ磨けたのですが、その後も磨いていきます。

IMG_20190921_101418

先日磨いた一面。横に置いた元々の表面と比較するとすごく違いが分かります。

 

IMG_20190921_103210

ひっくり返して、裏面も磨きます。明らかに光沢が違いますね。この写真でも分かるな。。。

 

IMG_20190921_111153

ここ、少しだけ「黄色く」なっておりますね。この石の特性ですが、このように端が黄色くなります。
ならない青木石もあるのですが、なる場合が多いかな。これは磨きでは取れない場合が多いです。

 

IMG_20190921_104951

研磨盤で磨いていくと、表面を一枚薄皮をはぐようになって、全く新しい光沢が出てきます。

 

IMG_20190921_114104

美しい光沢が出ました。でも先ほどの黄色い変色部分の黄色は落ちませんでした。長年の経年の間に、内部深くまで黄色く変色してしまっているので、磨きでは取れないのです。

そういう性質を青木石は持っております。でも、これでメリットですか?青木石の欠点ですか?

先日、石材商社の営業マンさんが来て、この石を見て「大島石ですね。」と言いました。実際、磨いた後、私も「これって、もしかして大島石では?」って思ったほど。

それほど大島石に似ている、そっくりな石なんです。それほど光沢が美しい石です。

 

光沢が美しいのもこの石の性質。端が黄色くなりやすいのもこの石の性質。石って、自然からの頂き物ですから、いろいろな性質を持っています。

いいところもあれば、ちょっとこれは。。。って思うところもある。でもそれでいいのではないですか?

 

大島石よりもワンランク、ツーランク安いです。国産の石でお墓を建てたいって思った時、青木石、いい選択ではないかと思います。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC08015

瀬戸内の銘石「青木石」の魅力を余すことなく

おはようございます。
但馬、豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

唐突ですが、工場裏の堤防で工事が始まりました。

IMG_20190914_070436

堤防の補強工事が行われるようです。

IMG_20190914_070501

まあ、とりあえず今日は快晴のようです。秋ですかね。。。(^O^)

 

戒名碑のリフォームをすることになって、青木石の加工を久しぶりにすることになったので、あまり青木石をご存知ない人のために、青木石を説明しようと思ったのですが、

 

ん??

青木石、以前に書いたな、って思って見返してみたら、けっこういい記事書いてます。「青木石」の魅力を余すことなく、紹介してます。

 

「Q285~青木石(香川県丸亀産)はどんな石?」  http://ohkita-sekizai.com/?p=16831

IMG_20190813_141050

~おじさんのお墓も青木石で作らせていただきました~

 

 

「お勧めの石⑦弘法大師の石」   http://ohkita-sekizai.com/?p=2165

DSC08015

~青木石が採れる石「心経山」の頂上でポーズをとれないと青木石は使えません。。。(嘘やがな。。。(^_^;)~

 

二つの記事とも、今読んでも興味深い、中身の深い記事です。。。(自分で言うか。)
いや、全く覚えてないですが、けっこうしっかり書いてます。

 

良ければ読んでみてください。

 

メールお問合せ

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0046

「庵治石」の神髄を知る旅。

に、なればいいな。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
明日から、香川県高松市にある庵治牟礼地区に行ってきます。

「庵治ソムリエ養成講座」という勉強会というより、
庵治をよく知る石屋さんをたくさん作って、庵治石の良さをよく知ってもらおうという
目的の講座らしいのです。
(実は内容がよくわかっておりません。。。(^_^;)

で、それを以前から知っていたんですが、
今回初めて参加します。

でも、実は以前。。。
2010年、だから7年前ですかね。。。
庵治の大丁場と庵治牟礼の石工場の見学をしていました。

 

 

DSCN2114

庵治大丁場、太田秀雄石材店の丁場で、庵治石の巨大岩盤の前で。

アメブロでも記事を書いたはずなんですが、
どこに行ったかな。。。(^_^;)

今回、久しぶりに庵治石の丁場見学もできて、
しかも、翌日、
「青木石」の島、広島へ行く予定のようです。
ひじょーに楽しみです。
久しぶりの大丁場。
初めての野山丁場見学。
DSC_0007
しかし。。。
午前9時30分、讃岐石材加工協同組合集合。。。
またもや、5時出動となりそうです。
朝ごはん作って、
お弁当も作って、
頑張ります。

(土曜日、日曜日は大北家は早起きしたものがご飯を作るルールとなっております)(^_^;)

まあ、それまでに、前回の復習と
付け焼刃の勉強を。。。

DSC_0012

「天下の銘石 庵治石」で。。。

DSC_0010

ちなみに非売品です。
庵治石の魅力の全てが収まっております。

DSC_0046

楽しみです。。。
でも、今夜はいつものサッカー送迎があるので、
体力温存で行きたいと思います。

もちろん、遊びに行くわけではないです。
なにか、石屋としてやっていく上で大切な何か
見つける旅としたいと思います。

新しい旅行記も書きたいと思ってますよ。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

20161228154247416_0001-2

Q285~青木石(四国・香川県丸亀産みかげ石)はどんな石?

四国のみかげ石

 

日本広しといえども、
石材産地、と言える場所は限られます。
その中で、最も硬いと言われる「花崗岩」。

その花崗岩がたくさん採掘される場所と言えば。。。
ホントに限られます。
福島県、茨城県、愛知県、岡山県、愛媛県、佐賀県など。。。
有名な花崗岩が採掘される場所は、ホントに限られます。

その中で、昔、兵庫県の御影という地域で、花崗岩が採掘されました。
その石は、石垣に使われたり、記念碑に使われたりして、また比較的大都市神戸、大阪、京都に近かったこともあり、
とても有名になったのです。
で、その石の名前、「御影石」が花崗岩の代名詞になって、
そのまま時代が下り、
今では、花崗岩=みかげ石と呼ばれるようになっています。
なので、実際、御影地域で採掘された石は、
「本御影石」と呼びます。
私は個人的には、「本御影石」とその他の石「みかげ石」と
ひらがな表記で区別しておりますが、まあ、とにかく、
「みかげ石」とは花崗岩の総称、あるいは別称だと
思っていただければ間違いないですね。

ここまで書いて、
お気づきのことありませんか?
そう、
香川県の事。
うどん県と別称される香川県ですが、
実は、日本有数の高級みかげ石の産地なんです。
「庵治石」という石ですね。
日本一、高価な庵治石。
そう呼ばれている石ですが、実際に、高価です。
その庵治石に隠れて、あまり目立ちませんが、
もう一つ、有名な石が採掘されております。

それこそが、「青木石」です。

でも、香川県と言っても、実際は、
香川県の沖、瀬戸内海に浮かぶ「広島」という島で採掘されています。

香川県丸亀市広島町。
丸亀市沖に浮かぶ島です。

丸亀港とはフェリーで結ばれていて、丸亀最大の島だと思います。
もう一つ、瀬戸内海で採掘される、超有名な「みかげ石」である北木石が採掘される
「北木島」とも、非常に近いですね。

その広島で採掘される石、「青木石」といいます。

dsc_0058

 

大和撫子(なでしこ)

 

大和撫子(やまとなでしこ)という言葉、ご存知ですか?
今や死語となりつつあるのかもしれませんが、
非常におとなしくて、清楚な美しさのある日本人女性を指す言葉です。
まあ、今はあまり使いませんが、
この石を見ると、まさしくこの言葉を連想するんです。

強い主張はないですが、
しっかりとした存在感、
そして、静かに佇む姿。
そして、にじみ出る美しさ。

dsc_0065

そんなイメージの石です。
(もちろん私の中で。。。)
特に、加工しやすく、なおかつ
粘りがあるので、手加工にも使われます。
そして、一番の特徴は、
石の目が合わせやすいこと。

dsc_0069

私がこの仕事を始める以前から、
おおきた石材店では青木石を使ってお墓を作っておりました。

いわゆるほとんどのお墓を自社加工で製作していた時代。
地元の玄武岩に似た石でお墓を作っていた時代から、
みかげ石でお墓を作る時代へ。
その最初からこの青木石は、その加工のしやすさ、
目の合わせやすさ、粘りという特徴が好まれて、
但馬地方各地で使われました。

おそらく、
おおきた石材店で作ったお墓の中で
一番たくさん使った石だと思います。
しかし、
この石は最近、
お墓に使うことは少なくなって来たんです。

 

欠点も併せ持つので人気に陰りが。。。

 

このように、美しくて、日本的な石である「青木石」ですが、
段々、中国の石を使うようになってくると、
人気に陰りが見え始めてきました。

一番の問題は、水を吸いやすいこと。

この青木石を含めて、瀬戸内地方で採掘される
庵治石、大島石などの瀬戸内で採掘されるみかげ石は
俗に、「白みかげ石」「青みかげ石」などと呼ばれます。

石のことをあまり知らない人に言わせると、
「白、って、白じゃないでしょ。あえて言えば、ごま塩かな。。。」
「青ではない、よね。絶対青じゃない。」という感想をお持ちでしょうけど、

プリント
私たち、瀬戸内のみかげ石をずっと扱ってきた石材店の多くは、
「白」とか「青」と頭につけて、こう呼びます。
そのいわゆる瀬戸内系のみかげ石は
(誰でも分かるように言うとすればグレー系ですね。。。)
水を吸います。
水を吸収します。
これは、どの石が多いとか、少ないとかは、多少ありますが、
花崗岩は水分を吸収するのは、既定の事実なんです。
それが多いか少ないか、だけです。

ただ、この手の(あえてわかりやすくグレー系みかげ石と呼びます)グレー系みかげ石は
水分を吸収すると、色が濃くなるんです。
それはよく分かります。見た目でわかります。
どうしても、この手の石は、仕方ないんです。
そういう性質ですから。

黒っぽい石、色の濃い石は、
色が濃くなってももともと濃いので、分からないだけ、
の場合もあります。
それはそういう性質なんです。

そして、もう一つの欠点と言われる部分。

上の部分でも書きましたが、
加工しやすい、ということは
多少、柔らかいということ。

さて、ここで、あえて、声を大にして言いたいのですが、

あなたの考える「柔らかい」と
私の考える「柔らかい」は
同じではありません。

おそらく、石のことをあまりご存知ではない
あなたは、こう考えるかもしれません。

「硬い石って、スチール缶くらいの感じで、
柔らかい石って、アルミ缶みたいなものでしょ?」って。

プリント

でも、私の考える硬さの違いは、そうではありません。
「硬い石って、スチール缶の厚みが1ミリのやつで、
柔らかい石って、スチール缶の厚みが0.95ミリのやつ」
と言えば、わかりますかね。

つまり、手で触ってわかるレベルの違いではないってこと。
石を加工するときに使う研磨材、人造ダイヤモンドを含んだ研磨材を
使用して、加工するんですが、その研磨材の摩耗する速さが
気持ち早いか、遅いかという程度。

そして、さらに言うと、
硬い石というのは、相対的に脆くなります。
カドが欠けやすくなる、ということ。
逆に、柔らかい石というのは、相対的に粘りが出てきます。
カドが欠けにくい、ということ。
(相対的になので、必ずではありませんが。。。)

そして、最後に、
これは、この石の果たして弱点なのか、
これは、欠点と呼んでいいのかどうかは、分かりませんが、
もう一つよく言われる部分があります。

「青木石は10年くらい経過すると、角が黄色く変色し出すんだよね。
しかも、変色しない青木石もあるんだよね。。。」
(某、石屋さんの声)

これは事実です。
黄色く変色し始めるお墓が確かにあります。
変色しない青木石のお墓もあります。
(この現象も、実物を見てもらわないとわかりずらいとは思います。
黄色のペンキで塗ったような変化では決してありません。
気持ち、色が。。。程度です)

原因は、どうなのか?
専門家の石屋さんにもいろいろな意見があります。

「花粉が入り込んで黄色くなってると思う」
「いや、磨きの光沢を出す工程で熱を加えすぎて、こうなるんだよ」
「排ガスとかそういうものが変色させるんだと思うよ」
など、いろいろな原因が言われます。
が、どちらにせよ、共通するのは、
10年くらい経過すると出やすい。
場所によっても出やすい場所と出にくい場所がある。
また、同じ場所でも出る石と出ない石がある。

ここまで見てきて、感じるのは、
原因は、石ではないのではないか、ということ。
例えば、大島石でも、こういう現象は出ます。
なので、青木石特有の現象ではない、気がしてます。

 

dsc_0089

さて、いろいろな欠点をお伝えしてきましたが、
青木石は、その欠点を補って余りある魅力のある石なんです。
具体的に上げてみましょう。

ズバリ、
上の写真、青木石はどれでしょうか?

。。。

。。。

分かりますか。

正解は、

全部青木石です。

青木石と一言で言っても、
いくつか採掘している場所があって、
色々な種類の石が採れます。

向かって左から、
◇青木石(白口)~白くて、一番変色が少ないと言われています。
◇青木石(青口)~一番メジャーな青木。ザ・青木という石ですね。
◇青木石(黒口)~やや濃い目の青木石。黒い青木ということで、希少な石です。
◇青木石幻の黒~非常に希少価値のある青木石。ほとんど採れません。

 

このように4つ目はほとんど採れませんし、当然市場に出ておりませんので、
石屋さんもほとんど知らない石だと思います。
でも、同じ青木石と言っても、ホントにいろいろありますし、
よく見てください。
とってもきれいですよね。
押しが強いわけではなく、
かといって、
地味でもなく、
しっかりと主張はあって、
でも、押しつけがましくなく、

そういう石、青木石です。

 

弘法大師の石

 

さて、石の良さを伝える記事なので、
最後に、この石の最大の魅力をお伝えしないといけません。

弘法大師、空海。
言わずと知れた、日本史上最も有名な仏教人であり、
真言宗の開祖ですが、
若いころ、修行した四国各地の寺院が
今の西国八十八個所となっているのは有名ですが、
その弘法大師が修行した地がここ、広島にもあるんです。
心経山という山の頂上には、大師堂と祠があります。
そこで若いころの空海が修行したと言われています。
その心経山のふもとで実は、青木石は採掘されています。

なので、この石は俗に
「弘法大師の石」とも呼ばれています。

うちは真言宗だという人、
弘法大師を崇拝している人、
西国巡礼をしたことのある人、
西国巡礼に興味ある人、
青木という苗字の人
青木という土地に住む人は
この石をお墓に使ってみるのもあり、なのかなと
思いますね。

そして、この石を実際に楽しみながら見れるのが、
「いろは石」です。
この広島出身の書道家、藤本玄幽(本名 正樹)が島の観光祈願のために製作したものです。

20161228154247416_0001-2

45基もの石碑に作者独自の作風である、錦文字を用いて名言を遺しています。
なぜ、45基なのかというと
「いろはにほへと。。。」とその頭の文字を使って文字を刻んであるからです。
全部で45基というわけですね。

全て見て回ると、全島一周できるシステム。
非常に広島らしい観光名所ですね。
私も一度はぜひ、全部見ておきたいものです。

 

青木石のまとめ

 

さて、ここまで書いてきました。
青木石の良い点、悪い点。
いかがでしたか?

あなたは、青木石が気に入りましたか?
それとも、
やっぱり、青木石は選択肢から外しますか?
確かに欠点はあります。
この石には。
でも、それを補って余りある魅力もある石なんです。
ところで、
突然ですが、

人を好きになった人には良くわかりますが、
好きになったら、あばたもえくぼ、
欠点も魅力に見えると言います。
逆に、そういう点が好きになる原因になったりすることもありますよね。

どこにも欠点がなくて、
完全無欠の美人には、あまり魅力を感じない。
逆にそれ以外は大したことないのに、
ここだけは凄く魅力的。
なので、好きになったってことないですか?

「人間と石を一緒にするな」っておっしゃる

illust3803

あなたの意見もわかります。

でも、ほんとにそうでしょうか?

瀬戸内の銘石、たくさんありますが、
その中で、
キングオブみかげ石の「庵治石」
私の大好きな石、「大島石」
そして、この「青木石」も
どの石も、欠点を持っております。

でも、
その欠点を差し引いても、
それでも、こっちの方がいい、と言える魅力を備える石なんです。
どれも。

いや、逆に
その欠点があるから、余計に魅力的だ、って
言ってしまってもいいのではないか、と思うほど、
魅力がある石です。

私の父のお墓は
青木石で作りました。
一番たくさん建てていた石、青木石で。

そして、
その父と一緒に、青木石を磨き、建てる手伝いをしてくれていた
叔父さんの家の墓も青木石で建ててます。
国内産の石の良さをたくさん持っている石
青木石。

これからもたくさんのお墓に建てていきたい石ですね。

ちなみに依然、こういう記事も書いておりました。
完全に忘れておりましたが、けっこうおもしろい…

おすすめの石~弘法大師の石

〇 見掛け比重  2.641 t/㎥
〇 吸水率    0.239 %
〇 圧縮強度   117.25 N/m㎡
〇 岩石分類   花崗岩

※ 青木石に関しては、おおきた石材店では、ある独自の方法にて、水分の吸収を遅らせる方法を施工させていただいております。
  おおよそ、5年から10年程度、水分の吸収を遅らせる効果があるのではないかと、考えます。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0022

束石、完成。。。が。。。

おはようございます。

先日作成していた、束石(つかいし)、沓石(くついし)です。
完成しました。

 

DSC_0022
出来立てのほやほやなので、まだ水分を多く含んでいて
色が、黒い。

乾燥するともっと色が白くなって、
「ああ、青木石ですね。」となります。

 

DSC_0018

その乾燥のビフォーアフターを紹介しようと思ってたんですが、

「できた??
持って帰るわ。。。」
と、さっさと持って帰られてしまいました。(^_^;)

つ、次の機会に、(^_^;)

帰り際、
「あと二つ頼むわ」
「ちっちゃいやつだから、明日にはできる?」

(^_^;)(^_^;)

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

Q213~おおきた石材店が見積に使う石は?⑨青木石

 

【青木石(あおきいし)】(香川県産)

間違いなく、おおきた石材店で一番多く使ったお墓の石は青木石です。
加工がしやすい、目が合わせやすい、粘りがある、などの理由で
先代の頃は一番多く使っていました。
私がこの仕事を始めた頃も、青木石をずいぶん使った記憶があります。
小割(原石を使う大きさに割ったもの)の石もずいぶん、工場にありました。

 

青木石

 

◆石材物性データ
見掛け比重 2.641 t/㎥
吸水率   0.239 %
圧縮強度  117.25 N/m㎡
年間採掘量  3,000 ㎥
◆特長
色むらがなく、落ち着きのある均一した目合い。独特の青みがあり、墓石の他、建築石材としても評価され、様々な分野で使われている。

※ 日本石材産業協会発行 墓石用石材カタログより

写真の青木石はかなり色が濃いですね。
私の感覚ではもう少しおとなしい感じです。

白いものから黒いものまでいくつかの種類があります。
私の使っていたものは中間から白手のものですね。

水は多少、吸います。でもその対処の仕方はあると思います。
あと、経年で角などが色が変色する場合がありますが、
あれも加工方法が多少問題があったことも一因だと思います。
現在の加工レベルなら、問題も少ないのかもしれません。

何よりも、真言宗の方にはぜひともお勧めします。
弘法大師、空海が修行されたとされる西国の聖地にあり、

。。。

まあ、早い話が。。。
弘法大師の石、です。

あと、
青木さんもぜひ。(^_^;)

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン