土葬のお骨は改葬(掘り出し)すべきなのか?

[template id=”24160″]

久々に石の建築工事の補修してきました。
やっぱり「建築工事」は私は苦手、というかあまり気が進まないな。。。
理由は。。。内緒です。

 

さて、こっちは大好きな「お墓工事」です。

「田舎のお墓あるある問題」なんですが、野墓地、つまり山の中とか自然の中に建っているお墓、けっこう多いです。

理由は、いくつかありますが、その一つ。「土葬のなごり」です。

 

003912

 

土葬とは、棺桶にご遺体を納めて、家のお墓の地面を2m前後穴を掘り(墓穴ってやつ)そこに埋めて、上に土を戻して饅頭型に盛り土しておいて、その上に簡易な社とか、木の墓標などを建てておく、という葬法なのですが、これ、全く同じ場所に墓穴を掘るということができません。掘ってみると、あ、おばあちゃんのお骨が出てきた、ってなってしまうので。

そこで、隣の、ある程度離れた場所に穴を掘って、土葬。となるので、田舎の歴史のあるお墓は極めて広いお墓の広さがあります。

一族みんな土葬しなくてはならなかったので、広い墓地が必要だったのです。

 

そういうお墓も時代の流れとともに、「火葬」の時代となり、広い墓地は必要なくなり、管理も大変なので、お墓をコンパクトにしようとなります。そういう場合、「お骨の改葬」ということが必要となります。土中深く埋葬されているご先祖様のご遺骨を掘り出し、場合によっては「火葬」仕直して、もう一度、新しいお墓に埋蔵する、という手続きです。

時として、同じ場所(墓地)に建っていた古いお墓をなくして、新しいお墓を建てるのだから、改葬(ご遺骨の掘り出し)は必要ない、という考え方もあります。

しかし、私はそれは違うと思います。確かに、お墓の場所はほとんど同じです。

でも以前のお墓は「ここに土葬の方が埋蔵されていますよ」という印がお墓だったのです。でも、今はお墓とは「ご遺骨(焼骨)をそのお墓の中に埋蔵される」埋蔵施設、と呼ぶ方が正しいです。墓石の役割が「土葬」の頃と「火葬」の時代では違うということです。

ですので、基本的に「土葬」された遺骨は、火葬時代のお墓を新たに建てる時は、「土葬」のお骨を改葬(掘り出し)して、「火葬」仕直すなりの手続きを経て、お墓の中に埋蔵されるべきだと思います。土葬時代のお墓と同じ場所に火葬のお墓を建てる時は、必ず「改葬」(掘り出し)を行ってから、新しいお墓に納めるのが正しい方法だと考えます。

但し、土に還ってしまってもう遺骨が出てこない場合はこの限りではないと思います。遺骨がどこにあったかを正確に判断できないのでね。

IMG_20191210_134632

先日も改葬のためにお墓に埋まっているであろう土葬のお骨を掘り出しさせていただきました。

山の上のお墓だったので、土葬の掘り出しもなかなか大変でした。

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。