お墓で「お骨を土に還す」のは可能か?

お墓でお骨は土に還るのか?

おはようございます。兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

 

cid_f_jsfhby6x1-1
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

時々、言われれたり、聞いたりすること。

「(亡くなった人の)お骨を土に還したい」ということ、聞いたことないですか? 私の住む但馬地方だと割とよく聞いたりします。でも、ひとこと言わせてもらいます。

 

現代の火葬された焼骨はほぼ100%、土には還りません。

 

理由はいくつかあるんですが、いちいち説明させていただきます。その理由を説明します。

 

 現代のお墓は遺骨を土に還す構造になっていません

かつて、昔のお墓はそのままズバリ、「亡くなった方(ご遺体)を大地に還すための場所」でした。そういう目的でお墓を建てられていました。昔というのは「土葬」の頃、ということです。昨日も書きましたが、土葬のお墓と現代の大きな「家墓」は似て非なるもの、まったく別のものです。かつては墓穴と呼ばれる大きな深い穴を掘って、そこに安置されることで、土の中のバクテリアだとか、様々なことで大地と一体になって時間をかけて自然に還っていったのです。

それが土葬から火葬の時代になって、遺骨が壺に収まるサイズになり、家族一緒でも大丈夫になったことが一つ、そして土葬のように地中深くに埋葬する必要がなくなったことが理由の2つ目だと思われますが、大き目の「家墓」を建てて、その中に安置すればいいのではと考えた人が出てきて、「(深く土の中に)埋葬」ではなく、「(お墓の中の土の上に安置する)埋蔵」となりました。「埋葬」と「埋蔵」は全く違います。土の上に置かれただけの埋蔵だと「大地に還る」ことはほぼできません。しかも「壺の中での埋蔵」だと100%土に還るわけがない、のです。

 

 そもそも火葬された焼骨は土に非常に還りにくくなっています

現代はまず、人が亡くなった後、葬儀して火葬されます。非常に高温で遺体は焼かれ、「肉体」はその時点で、自然に還っているといってもいいでしょう。残ったのは、焼骨です。この焼骨は火葬する前の遺骨とは別物になっています。エビデンス(証拠)はないのですが、経験上、また同業者のご意見を聞いても同様なのですが、非常に大地に還りずらい状態になっています。焼かれたことでお骨がセラミック化して、分解されにくくなっているのでは? と思われます。

ですから、もし昔のように、その焼骨を土葬(土の中に穴を掘ってその中に埋葬し、土をかぶせてしまう)という方法をとっても、完全に土に還るかは疑問です。瀬戸物(上塗りした陶磁器)は、土と一緒に交じって土中にあってもなくならないのと同じ原理ではないのかな。

お墓の掘り返しをしてると、時々、骨壺の割れたものなどが出てくることがあるのですが、ほぼ原形をとどめて出てきます。高温で焼かれた焼骨はとても大地に還りずらい性質に変化しているのではないかと思われます。(想像ですが、可能性は高いです)

で、ここでよく考えてください。これって「樹木葬」と同じ状態ですよね。

樹木葬も実は大地に還るかどうかはわからないです。

特に大規模な樹木葬でよくされている「塩ビ管を埋めて、その中に埋蔵される」タイプの樹木葬は100%、土に還りません。一見、途中に埋めて、土に還る、シンボルツリーの一部になる、みたいなイメージですが、それは絶対ありません。塩ビ管の中でどうやって土に還るのかは不明です。ありえませんね。

 まとめ

かつての土葬は遺体をそのまま土の中深くに埋葬していたので、「大地に還る」というサイクルがあったんですが、今は焼骨となったため、「大地に還る」というサイクルが途切れています。しかも、人が移動しやすい社会になってきて、それに伴って遺骨も移動させたいという需要が高まっている現代、移動させるためには「大地に還ってもらったら困る」という事情もあります。お骨も移動する時代だということをよく認識して、お骨の安置する場所を考えるべきかもしれません。

 

 

お骨をどこに安置しようか、お悩みのあなた、私に20分のお時間をください。お墓を含めた一番あなたにふさわしい供養の方法をご提案させてください。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。