Tag Archives: 磨き直し加工

石材の研磨の講習(その1)

今日は、日本香堂さんが行っている「美墓ネット」(旧happy shine)の主催で石材の研磨と汚れ落としの講習会に参加してきました。

場所は京都・宇治の「三和研磨工業㈱」さんの本社。

DSC_0003

いや~、参りましたよ。
参加の申し込みしたつもりだったのに、
実は。。。申し込みせず。。。(^_^;)(^_^;)(^_^;)

どうすんだ~~!!

と、思ったんですが、
とりあえず日本香堂の担当の太田さんに電話したら、
「大丈夫ですよ。一人キャンセルが出たので
参加できます。」との、大人の対応。

感謝です。

いつも使っている乾式グラインダ磨き。
私は三和さんの「きらら電動タイプ」を
使っていて、当然これでいい、と思ってたんですが、

なんと、

なんと、

ダウンロード

これ、
日立工機の
「G10VH」という変速機付きのグラインダが
推奨機械だと、初めて知りました!!

まじっすか!!

surprise-surprise

知りませんでした。。。(^_^;)

なんていうこと。

というあるまじき無知を晒してしまったわけですが、
まあ、そこは、1秒で忘れることを特技としている私なので、
すぐに、
気を取り直して、
いろいろメンテナンスに関するノウハウを学んで来ました。

普段やっている石材加工のうちのポリシャー加工と
メンテナンスにおける乾式研磨とは
道具は同じでも、考え方は180度異なる、ということ。

いろいろ勉強になりました。

DSC_0006-001

人口ダイヤモンドです。
石材加工には現在、欠くべからざる素材です。
けっこう高いんでしょうか。
聞くの忘れてました。

DSC_0007

50番は結構目が粗いですね。
真ん中は200番。
この数字はこの細やかさの目の網を通るサイズの
人口ダイヤモンドだというところです。

そして、一番左のビンは3000番。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

ポリッシャー磨き、腕ダイエットに最適ですよ。

寒い季節になりつつあります。
兵庫県豊岡市も
冬の始まりをかすかに感じます。

何しろ、こんな朝ですから。。。

DSC_0007

今日は晴れるようです。
一応。

懸案の手磨き、正面が終わりました。

 

DSC_0030-001

これ、三和研磨さんのツインカーという
手磨きのためのと石です。
ポリッシャーという、グラインダくらいの道具に
これを取り付けて、磨くわけです。

左上とその下、この二つが
メタルといって、石の表面を平らにする目の粗い
工具です。

これを、ポリッシャーに取り付けて
水をかけながら磨くわけです。

DSC_0001

これがポリッシャーという道具です。
ホームセンターに売っているグラインダと似てますが、
中身は違います。
回転数がずいぶん遅いです。

DSC_0007

こちらは、上から見た写真ですが、
ハンドルのそばに金具とそれにホースが取り付けてあります。
水が出るようになっております。

DSC_0003

すでにツヤのと石が装着されています。

DSC_0004

これを水を出しながら、このように、と石を回転させたまま
石に宛てて、磨いていくわけです。

ポリッシャーはこの写真は電動タイプですが、
エア駆動タイプもあります。

磨き方としては、

DSC_0039

磨く部分をこのように研磨チョークに
で色を塗って行きます。
この色を塗る行為もけっこうたいへんですね。

DSC_0047

このように、真っ赤になったら、
先ほどのポリッシャーで磨いていきます。

で、この赤いチョークがきれいに落ちたら、
その砥石は完了、となります。

DSC_0015

ほぼ、落ちてますね。
この次に、
石の表面を乾燥させて、
乾燥し終わったら、
また、先ほどのように

DSC_0039

チョークを塗って行きます。

DSC_0047

塗り終わったら、
次の番手のと石に装着しなおして
磨いていきます。

このように、
順番にメタルの100番手、100番手、200番手、500番手、1000番手、2000番手、ツヤとだいたい7回、磨きます。
(場合によっては、メタルの200番手も使用)

このように、
(書くだけで疲れますが。。。(^_^;)
磨いていって、ツヤまで到達したら、

DSC_0053

このように、光沢の出た完成になります。
(写真はまだツヤが甘く、十分な光沢が出てませんが)

しかも、チョークがやや残ってる。。(T_T) 

まあ、そういう感じで磨いていきます。

今回は、表面が凸凹していて、
しかもそれをある程度、残しつつ磨いたので、
ツインカーという道具だけでは磨ききれず、

DSC_0033-001

世良美香、ではなく。。。(^_^;)
セラミカという道具で磨き直しました。

こちらは8枚ありますね。
8回磨くということです。。。

(決して修行ではありません。。。(^_^;)

DSC_0034-001

研磨面はこのようになっております。
黄色はすでに使用済みに近くなってるな。。。

DSC_0038-001

これが一番最初に使う100番手ですが、
この青い面をポリッシャーにくっつけます。
バリバリってくっ付くようになってます。
(子供の靴にあるような、はがすときバリバリって言うやつね)

DSC_0037

このように、柔らかいので、曲面磨きには威力を発揮します。

DSC_0010

これがセラミカの装着パットです。

DSC_0011

このように、装着面同士を合わせて、

DSC_0012

くっ付けていけば、くっつきます。

DSC_0013

こうして、装着完了。

DSC_0014

このまま、先ほどのツインカーと同様に
水を当てながら、
回転させて、石に宛てて
磨いていくわけです。

とにかく、根気と
腕力と持久力が必要です。
磨きがきれいにできると
美しい光沢が出ますが、

ちょっと手を抜くと、
光沢が出ず、
最初からやり直し!!!!

とか、
最初の磨き残しが
最後に露見し、

最初から磨き直し!!!

とかいう、状態になります。

なので、手抜きが
自分に返ってくるので
手を抜けません。

(繰り返し申し上げますが、修行とかではありません。。。)

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

磨き直し加工④~完全な想定外(T_T)

秋のさわやかな日が続いております。
皆さま、お元気でしょうか。。。

私は途方に暮れております。。。(^_^;)
まったくもって、想定外。
予想外。
こんなことって、
。。。
あるんですね。

昨日磨き始めた面は何とか、完成。
裏面も磨いて、
さて、最初の関門。
法名が刻んである、向かって右側面を
磨き始めたところで、
それは判明いたしました。
石の磨き工程

① 表面を平らにならすために、まず
人工ダイヤモンドを埋め込んだ一番荒い研磨盤で
表面を平らに均します。
② その後、だんだん目が細かい研磨盤で、①工程で
できた研磨傷を落としていき、表面をなめらかにして
いきて、最終的に熱をかけて、光沢を出す。

というのが石の磨き工程の簡単な流れなんですが、
①の平らに均す、という工程は非常に重要で、
昨日の記事の写真のように、凹凸があり、それが
残ったままでは、決して光沢は出ない、
ということになるんです。

そこで、この面、
①の工程をやってみると、

DSC_0001

やはり、残る部分がありました。
これはどの面でも残っていたので、
想定内です。

DSC_0003

しかし、
上の写真、わかりにくいですが、
ずいぶん残っております。

触ってみると、明らかにくぼんでいる。
手で触って明確にわかる!!!
ってことは、
かなり、凹んでいるってこと。

DSC_0024

とりあえず、磨いてみたんですが、
赤い丸の部分、
①工程では研磨盤はとりあえず当たっていますが、
くぼみすぎて、十分に磨けず、白い研磨傷が残っております。

そして、何よりショックなのは、
青い線で囲んだ部分。。。
くぼみ過ぎて、まったく何も当たっておりません。

どうするんだ!!!

こんなの。。。(T_T)

 

両端の文字がこれ以上磨き直していくと
消えてしまうので、
これ以上はできません。。。

しばし、休憩。。。

。。。

。。。

熟考の上、
ある方法を考え付きました。
もうこれしかないな。
俺にできることは。

というわけで、
なんとか、
光沢を出すこと成功。
見た感じ、
全体的に光沢は出ています。

DSC_0004

境界もありませんし、
まずまずの光沢も出ています。

DSC_0006

どうやって処理したか、
内緒にしときます。
プロの方ならすぐわかるでしょうが、
極めてイレギュラーで
出来たらしたくない方法でしたので。

伏せます。
でも、
薬塗ったとか、
そういう非合法的な方法では
ありませんよ。

分かった方も
伏せておいてください。
お願いします。

というわけで、

これからが本番。

正面の磨き直し工程に行きます。

大丈夫かな。。。。(^_^;)

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

磨き直し加工③~一抹の不安が。。。(^_^;)

とてもいい天気ですが、
今日は磨き直し加工の続きをしています。

DSC_0009

上台ができて、竿石(仏石)の磨き直し。
ただ、前回も言ったように、磨きの表面が
とても状態が悪い。。。(^▽^;)ようです。

かなり凸凹しています。
まあ、何とかやりますが。(^_^;)

DSC_0006

こっちの面には、法名が刻んであります。
これも、手彫りです。
何とかこの面も文字が消えないように
磨き直しをしたいんですが。。。

DSC_0006

まずは座りの面を切削。
「地震に強い施工」するため、
この面も平らに近い方がいいわけです。

DSC_0030

まずは、この何も彫刻してない面から磨いてみます。

 

DSC_0038

すると、
こんな状態!!
赤いチョークが残っている部分が凹んでいて
研磨盤が当たってない部分。

こりゃ、想像以上にやばい。。。
文字彫ってある面がうまく磨けるだろうか。。。
(T_T)

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

磨きなおし②~平面の磨き

おはようございます。
秋のお彼岸が近づいております。
明日から、かな。
シルバーウイークでもあります。
みなさん、休みを楽しんでください。
うちは子供がサッカー三昧。
親はその送迎三昧となりそうです。

蓮華が彫刻してある正面の磨きなおし。

このように、文字や家紋などが彫刻してある面は
磨きなおししにくいのですが、
何とか、出来ました。

DSC_0045

次に上、天場の面。
水垢が黒く
「汚れの首輪」のようになっております。
50年以上の汚れが。。。(^_^;)

DSC_0056

でも、実はこの上の面も平面ではないんです。
下の写真、石の天場の面(今から磨く面です)と
上においた差し金(目盛りの付いたのです)の
すき間、みてください。

なんと、奥の外の光が。。。!!
のぞいているではありませんか!!

なんということでしょう!!

DSC_0051

平面ではない、ということですね。
平面に見えて、波を打っているということ。

200番手の研磨盤でこの面を軽く磨いてみると、
なんと、
こんなことに。

DSC_0061

汚れの首輪はほぼ落ちていますが、
一部、残ってます。(^_^;)

更に、
左端と、写真の上のほう、
色が変わってますね。

研磨盤が当たってない部分。

凹んでいる、ってことなんです。

昔の手磨きの技量ではこれくらいが普通ですね。

(でも、この加工はやや加工精度が低い気がするんですが。。。(^_^;)。気のせい??)

とりあえず、
クボミがなくなるまで、磨きで落として、
平面にして、
光沢がでるまで、研磨作業しました。

DSC_0073

やっと2面目か。。。(^_^;)
先は長いですね。。。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

お墓の磨き直し①

雨ですね。
秋は好きな季節なんですが、
今年はちょっと雨が
多くない??

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

秋の雨は、寒くもなくていいんですが、
雨が続くと、なんだか最近、
いいことないのよ~~
とか、ブルーになりがちです。
まあ、前向きにやっていきましょう。

そんなこと考えているわけですが、
工場の仕事なので、
雨でもいいです。
台風じゃなければ。

今日は昨日持って帰ってきた、
お墓の石を磨き直しします。

DSC_0016

まずは、上台。
うわだい、っていいます。
○○家之墓って彫ってある石のすぐ下の台です。
正面に彫刻してあるのは、蓮華です。
通常、蓮華台という台があるんですが、
それの廉価版というか、
むしろ、こっちの方がいいでしょ、的な。
(よくわからないですね。。。私も書いてて、良くわかりません。。。)

DSC_0031

汚れはあまりついてませんね。
ただ、光沢はすでにずいぶん落ちてしまってます。
このお墓の石は手加工、といって、
機械ではなく、手作業での加工製品です。
この蓮華の彫刻も手での彫刻です。
今なら、ブラスト彫刻ですが、
のみで彫刻されています。

DSC_0037

非常に貴重なお墓の石ではあります。
ちなみに昭和36年に作られたお墓です。

DSC_0036

あまり変わり映えしませんが、
けっこう汚れ落ちましたよ。
石材専用洗剤でこの前のように
汚れを落としました。
これから、磨いていきます。

 

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

久々に磨き直し加工します。

今日も但東町に応援に行ってきました。

DSC_0013

この階段にやられました。。。
なかなかに難敵です。
でも、今日で終わりました。

まあ、
これくらいで勘弁してやるか。。。

(足に来そうだ。。。泣)

本業の方は、お墓のリフォームが続きます。

DSC_0002

こちらのお墓、瀬戸内の銘石
「青木石」です。

この石を磨き直しします。

磨き直し加工は久しぶりです。

けっこう、
気を遣うんですよね。
頑張ります。

DSC_0032

まず、
お墓本体を解体して、石をすべて
持って帰りました。
(お彼岸前なのにいいのだろうか、という
一抹の不安はありますが。。。)

この通り、すべてなくなりました。
でも、お墓撤去ではないですよ。

DSC_0053

 

基礎コンクリートを施工します。

DSC_0001

雨が降る前に何とか終わりました。

DSC_0005

あす、型枠を外して、
しばらく放置となります。

その間、
磨き直しを頑張ります。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン