Q202~おおきた石材店で見積に使う石は?②バングレー(インドBAN)


【バングレー(インドBAN)】

(インド・カルナタカ産)

DSC_0046

インドのグレー系の石では非常に硬質で、吸水も低く、墓石材としては最適です。
また、今一番よく使っているアーバングレーの最大の欠点、
【文字彫刻の難しさ】
が全くありません。非常に彫刻しやすいです。

 

◆石材物性データ
見掛け比重 2.650 t/㎥
吸水率    0.052 %
圧縮強度  112.46 N/m㎡
年間採掘量 300 ㎥
 ◆特長
ブルーグレーの石目は澄み切った青空を思わせる。

※ 日本石材産業協会発行 墓石用石材カタログより

 
インドの石なので、こちらのコメントも要チェック!

バングレー(インドBAN)
インド材の白御影の中でも青みのかかっており、青御影とも
称される石種です。

※ 南印度洋行さんのホームページから
     http://www.indoyoko.com/stone/ban.htm

 

墓石材として、非常に良質で、ほぼ欠点がない、と言えそうですが、
2009年から5年間、採掘停止して以降、採掘は再開しているそうですが、
価格が急激に高騰しました。
もともと人気石種なのと、採掘再開で人気が再燃したことが原因と思われますが、
一気に高級石種となってしまいました。

このため、この石の唯一の欠点と言えるのは、
【高価であること】となります。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。