日本の石がある風景①

またもや勝手に新しいシリーズを作ってしまい、
やばいな~~
整理が苦手な私としては、
これ以上増えるのは、
非常にやばいな~~と
思いつつ、やりたいので、やります(^▽^)/

新シリーズ、

「日本の石がある風景①」

②以降はいつ投稿できるかどうかわかりません。
ていうか、
これで終わり??
となるかもですが、

今はこれが書きたくて仕方ないんで
とりあえず書きます。

(じゃあ、シリーズって書くなよ。。。)

。。。

第一回は、大阪府能勢町から採掘される
「能勢石」です。
黒御影石です。

この石は、私の住む豊岡はもとより
但馬全域で記念碑等に使われています。

DSC_0038

このように土地改良碑とか忠魂碑は
能勢石が使われる確率高し!

 

DSC_0039

うちの隣の地区にもこのように、能勢石で記念碑建っております。

このように、額縁にして、その内部を磨き、
文字を彫刻する、というのがこの石の王道ではないか、
そう感じます。

この石の形は自然が作った造形ですから
いい形の石に巡り合えば、ほぼ8割は
うまくいったようなものです。

いかに出会えるかどうか、が大切なのかもしれません。
「下坊石材」の展示場に行けば、きっと出会えると思います。

DSC_0042

足元にも、能勢石の小さなものを使って
囲っております。
このように、記念碑にはピッタリなんです。
捨てる石がない、というか。

そして、こちらは文字彫刻の様子。

DSC_0047

しっかりと手彫りで彫刻されています。

 

DSC_0049

素晴らしいですね。

 

DSC_0052

この碑は全体のバランスもよい、
文字もよい、
文字彫刻もよい、
額縁加工のサイズもよい、
と、とてもバランスのいい記念碑なんです。

 

 

DSC_0057

能勢石の魅力を余すことなく、表している
素敵な記念碑だと思います。

DSC_0061

このように正面をカットしてしまう場合もあるんですが、
こうしてしまうと、やや野暮ったくなる気がします。

 

DSC_0084

また、このように足を付けたものもたまに見かけます。
でもこの足はちょっといただけない、かな?

 

DSC_0075

カットした石を足に使うのは、やめた方がいいのかもしれません。

個人的意見ですが、
「能勢石」は自然の風合いを最大限利用して、
作られるべきではないかと。
それだけに、
やっぱり、自分が気に入った石に出会えるかどうかが、
大事なのかな。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。