見積させていただきます①~お墓のリフォーム

DSC_0036先日ご紹介した、この納骨口のお墓。

両左右に大きめの隙間があり、
そこから雨水が流れ込むとのこと。
何とかなりませんか?

それからこの納骨口、
下が真砂土で、だんだん減ってきて
この扉も上手くはまってくれない、
上に隙間が空くとのこと。

それから、
DSC_0004

両脇の花立、樹脂製のものを使っておられますが、
風が吹いたり、雪などで倒れることもしばしば。
これも石でできないだろうかとのご依頼。

そして、

DSC_0003

両サイドに「ロウソク立」を設置していただけないか、
というご依頼。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。