Tag Archives: 地震に強いお墓

IMG_20200520_094950

草が生えるお墓とは?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20200522_070439

田んぼに水が入り、田植えが終わりつつあり、春から初夏に変わりつつある今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしですか?
とても久しぶりでの投稿です。

新型コロナの影響で、いろいろとイレギュラーな出来事があり、投稿できていませんでした。

 

本日、ある墓地にお墓工事に行って、見かけた写真です。

IMG_20200520_094950

お墓から、草が!!生えてます!!

IMG_20200520_094957

一見、それほど不思議な風景には見えません。

「ああ、よく見かけるお墓ですね。」と感じたあなた。
apron_woman3-1question

実は、これはある事実を物語っています。

 

これは、大きな地震が来たら、間違いなく

 

「倒壊してしまうお墓」

 

だということを物語っています。

どういうことかというと、
すき間から草が生えてくるということは、石と石の間にはすき間が開いている、ということ。
つまり、
石と石は接着してないということ、なんですね。

お墓の石は全体で1トンとか2トンとかあります。それだけ重たいお墓の石なのに、しっかりと固定しておらず、
石の上に石が乗せてあるだけ、ということ。
ホントにそれで大丈夫?と思ってしまいます。

誰もいない時に、大地震が来て、倒壊。それはまだいいです。自分のお墓が倒れただけですから。

でも、お彼岸とかお盆のお墓参りの時、そうなったらどうですか?

近所の子供たちがそばで遊んでいる時、そうなったらどうですか?

たまたま近くを人が歩いている時、そうなったらどうですか?

 

それは、あまりにも心配症すぎるよ、って言いきれますか?

 

自動車保険を掛けずに走っている車と同じだと、私は思ってしまうのですが、
みなさんはそうは思いませんか?

 

何かあったときに備えるのが「保険」なら、何かあったとき(大きな地震があった時)に備える(倒れて被害が出ないように)ために「地震でも倒壊してしまわないような対策 」って最低限必要だとは思いませんかね。

小さなお墓なら、必要ないかもしれません。

そうではなく、

大きなお墓を建てるなら、それは最低限の備えだと思いますが、そうではないですかね。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q179~地震に強いお墓を建てるには?⑦~副碑、灯ろうは?

但馬で建てられているお墓の副碑、灯ろうは
おそらく、ほとんど地震対策はしていないのでは?

DSC00297-2-2

この構造の副碑はすべて接着剤で固定しないと無理でしょう。
ただ、持ち帰って彫刻する前提の副碑なので、そうなると、形状も
変えた方がいいのかもしれません。

DSC_0129-2

このお墓の副碑のように、台に完全に固定してしまった方がいいのかもしれませんね。
その方が設置面積も増えて、地震に強くなります。

そして、灯ろうの場合。

DSCN0865

こういう丸墓前灯ろうの場合、地震に強くすることはほぼ無理だと考えた方がいいのかもしれません。
接地面積が少なく、倒れやすいです。
地震に強いお墓にはこの形の灯ろうはお勧めできません。

◇ 墓前灯ろうとは ◇
お墓に建てる前提にデザインされた墓地専用の
灯ろう。丸型と角型があります。
灯ろうは建てる場所によって、神前、庭、墓前など
様々なカテゴリがあります。
墓前灯ろうについては基本的な形状は決まっているんですが、
細かい形状に地域差があったり、各個店によって微妙に違ったりします。

 

DSC_0007

この角墓前灯ろうも、丸よりは揺れに強いですが、ほぼ倒れるように思います。
よほどしっかりした耐震設計をした耐震免震施工が必要です。

まず、接地面積に対して、背が高すぎます。
重心がどうしても高い場所になってしまいます。

背の低い灯ろう、小さい灯ろうが地震を考えたとき、
より強いものになります。
DSC00324

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q175~地震に強いお墓の建て方は?③~背を低く

お墓の背の高さを低くしましょう。

お墓だけでなく、外柵も背が低い方が強いです。
副碑もできるだけ背が低い方が有利です。

重心を低くすれば、それだけ強くなります。

これは想像できると思います。
お墓の素人でも何となく気づいている人は多い気がします。

DSC_0122

こういうお墓より、

DSC00278

こういうお墓の方が、安定がいい、
つまり地震に強いというのは、
誰でも感じることだと思います。

あと、
石同士の設置面積が大きいほど
有利ですね。

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q174~地震に強いお墓の建て方は?②~基礎が大事

【基礎が大事】

これに尽きます。
これをおろそかにして、地震に強いお墓を作ろうなんて
無理です。

〇基礎はコンクリートで。
〇厚みは10cm以上
〇必ず鉄筋の入ったもので
〇冬季、夏季の施工はしっかりと養生する

 

最低限、これはしないと地震に強いお墓とは言えないと思います。

基礎がコンクリートではないお墓は、但馬地域ではまだある程度あります。
山の上のお墓の場合、生コンクリートというわけには行かないこともあります。
ミキサーでの手練りでも仕方ないですが、コンクリートは絶対ですね。

それから10cm~15㎝程度は厚みがないと強度が保てません。
お墓の広さもありますが、それくらいの厚みで。

無筋のコンクリートはしないよりまし、程度です。
どうせ同じ手間なのですから、しっかりと鉄筋はいれましょう。

冬と夏はコンクリートに強度が出るまでに
対処しなくてはならないことがあります。
それを省くと取り返しのつかないこともあります。

この条件は最低限のお墓です。
例えば、50年、100年お墓を維持しようと思えば、
さらにもう一つ上のクラスの品質の基礎をしなくてはなりません。

地震に強いお墓の第一歩は、基礎です。
しかも一番大事な部分です。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

Q173~地震に強いお墓の建て方は?①~昔のお墓は

昔のお墓は倒れても問題なかった。

まず、地震が来るとお墓は倒れるものだった
はずです。
めったに地震の来ない関西。
しかも但馬地方は普段地震は来ない。
でもごくたまに地震が来て、お墓が倒れても、
すぐに自分で直せばよかったんだと思います。

お墓自体が小さくて、誰でも起こせたでしょう。

むしろ、そのように誰でも触れるくらいの大きさで作ってあったんだと思います。
地元の石、玄武岩とか戸島石とかがそれくらいの大きさの石だったと
いうのもあります。

当時は、夫婦墓、個人墓の時代。
倒れたら、起こす。
それでよかった時代です。

でも今は、それでは収まりません。

倒れても起こせないからです。
人の力ではまず、起こせません。
そして、
たくさんの石が組み合わさっているので、
非常に危険です。
素人が人力で何とかしようと思うのは
辞めるべきです。

さらに、
きれいに加工してあるので、倒れたら、間違いなく破損します。
その部分が目立って、仕方ないと思います。

なので、
現代のお墓は、地震に強いお墓は必須です。

そのためにまず最初に必要なのは、「基礎工事」です。

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~